スポンサーリンク

【新町】2022年3月に竣工したファインレジデンス大阪本町

京阪電鉄不動産が大阪市西区新町1丁目のデンソー大阪本社ビル跡地に建設したファインレジデンス大阪本町。「OSAKA URBAN Re:LUX」をコンセプトとするラグジュアリーコンパクトレジデンスで、規模は地上15階建て、高さ43.84m、延床面積4,999.89㎡、総戸数99戸、2022年3月に竣工した。

完成イメージ図

外観はグレージュカラーを基調とした落ち着きあるデザイン。各階のアクセントラインやブラックの窓枠がモダンな印象を与える。北面のバルコニー手摺はステンカラーの横ルーバーにブラウンの縦ルーバーをランダムに配した個性的なスタイル。南面のバルコニー手摺は陽光を取り入れるガラス素材を採用する。

ファインレジデンス大阪本町 完成イメージ図
完成イメージ図 北面(左) 南面(右)

引用元:【公式】ファインレジデンス大阪本町【京阪電鉄不動産】

建物外観(2022年10月撮影)

ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 01
建物北西側から撮影
計画通りに竣工し入居がスタートしている
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 02
建物北側から撮影
ブラウンカラーのルーバーが特徴的な外観
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 03
建物北東側から撮影
右奥にザ・サンクタスタワー(53階建て・高さ189m)が建つ
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 04
エントランスの様子
2層吹抜けのエントランスホールが上品なイメージ
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 05
建物南東側から撮影
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 06
建物南側から撮影
南面はガラスの透明感を活かしたバルコニーデザイン
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 07
建物南西側から撮影
ファインレジデンス大阪本町 2022年10月 08
現地の看板を撮影

物件概要

名称ファインレジデンス大阪本町
計画名:(仮称)西区新町1丁目プロジェクト新築工事
所在地大阪市西区新町1丁目13-18
用途共同住宅
敷地面積731.44㎡
建築面積450.90㎡
延床面積4,999.89㎡
容積率対象面積5,849.08㎡
高さ43.84m
階数地上15階・地下0階
構造鉄筋コンクリート造
建築主京阪電鉄不動産株式会社
設計者株式会社カノンアソシエイツ
施工不二建設株式会社
着工2020年(令和2年)4月初旬
竣工2022年(令和4年)3月23日

ファインレジデンス大阪本町 建築計画のお知らせ 02
ファインレジデンス大阪本町 建築計画のお知らせ
ファインレジデンス大阪本町 立面図 02
ファインレジデンス大阪本町 立面図

地図

場所は四つ橋筋から西へ約40m。南西側にオリックス劇場や新町北公園がある。最寄り駅は大阪メトロ中央線・御堂筋線・四つ橋線の本町駅で、23番出口から徒歩約4分。その他、大阪メトロ四つ橋線の四ツ橋駅、大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線の心斎橋駅からも徒歩圏内の立地。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました