スポンサーリンク

【三宮】2021年4月に開業した神戸三宮阪急ビル

阪急電鉄が神戸市中央区加納町4丁目に建設した神戸三宮阪急ビル。1995年1月に発生した阪神・淡路大震災により被災、解体されるまで60年近くに渡って三宮のシンボルとして親しまれてきた神戸阪急ビル東館のあった場所に建設された超高層複合ビルで、規模は地上29階建て、高さ約120m、延床面積約28,850㎡、ホテル総客室数209室、2021年3月に竣工、4月26日に全面開業を迎えた。

完成イメージ図

神戸三宮阪急ビル 完成イメージ図
神戸三宮阪急ビル 完成イメージ図

引用元:「神戸三宮阪急ビル」が4月26日に開業します【阪急電鉄】

ビルの低層部にはアーチ窓や円筒形のコーナー部分を配し、神戸市民に親しまれてきた旧神戸阪急ビル東館の外観イメージを継承している。阪急東改札口の構外コンコースの吹抜け部分は拡張され開放的な空間に生まれ変わった。

フロア構成

神戸三宮阪急ビル フロアマップ
神戸三宮阪急ビル フロア構成図

引用元:「神戸三宮阪急ビル」が4月26日に開業します【阪急電鉄】

フロア構成は、地下2階~3階の東西コンコースの周辺および駅高架下のエリアに計35店舗からなる商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」、4階~15階にオフィスフロア、17階~28階に阪急阪神ホテルズが運営する宿泊主体型ホテル「remm+(レムプラス)神戸三宮」、29階に展望フロアやレストランが入る。

建物外観(2021年5月撮影)

神戸三宮阪急ビル 2021年5月 01
建物東側から撮影
長い時間をかけて三宮のランドマークが復活した
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 02
建物北東側から撮影
低層部~中層部~高層部と三層に分かれたデザイン
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 03
旧建築のイメージを継承した低層部
手前の「さんきたアモーレ広場」は2021年夏に完成予定
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 04
サンキタ通り沿いの様子
美しい空間に生まれ変わった
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 05
神戸三宮阪急ビルの北側エントランス
丸型のアーチ窓が再現されている
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 06
コンコースの吹き抜け部分
阪急大阪梅田駅に近い雰囲気がある
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 07
コンコース内の様子
構内に商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」が入る
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 08
建物北側から見上げる
ガラス張りの壁面に反射する光が綺麗
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 09
建物北西側から撮影
西面は装飾の少ないシンプルな壁面
神戸三宮阪急ビル 2021年5月 10
建物南側から撮影
手前のJR三宮駅一帯でも再開発が進んでいる

物件概要

名称 神戸三宮阪急ビル
計画名:神戸阪急ビル増築工事
所在地 神戸市中央区加納町4丁目2番1号
用途 駅コンコース・商業・オフィス・ホテル
敷地面積 約7,100㎡
建築面積 約5,650㎡
延床面積 約28,850㎡ (高架下店舗 約5,500㎡)
容積率対象面積
高さ 約120m
階数 地上29階・地下3階
構造 鉄筋造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主 阪急電鉄株式会社
設計者 株式会社久米設計
施工 大林組
着工 2017年(平成29年)7月
竣工 2021年(令和3年)3月
開業 2021年(令和3年)4月26日

地図

場所は阪急神戸三宮駅の直上、フラワーロードの三宮北交差点南西側に位置する。周辺は多数の商業施設が建ち並ぶ神戸市を代表する繁華街で、南側には神戸市役所等の官庁も集積している。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました