スポンサーリンク

【夕陽丘】レ・ジェイド四天王寺夕陽丘の建設状況 2023年3月

日本エスコンが大阪市天王寺区六万体町の大阪府ITステーション跡地に建設中のレ・ジェイド四天王寺夕陽丘。上町台地のほぼ中心に建つ2LDK~3LDKの分譲マンションで、規模は地上15階建て、高さ45.70m、延床面積4,605.73㎡、総戸数52戸、2023年4月の竣工、5月の入居開始を予定している。

完成イメージ図

外観は四天王寺の礎石や天王寺七坂等に見られる岩と寺院建築風の端正な配列を立体交差させたファサードデザイン。

レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図 02
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図1

住居は2階〜13階に1フロア4邸、14階~15階に1フロア2邸のレイアウトで全邸角住戸を実現する。

レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図2

公開空地には「街道と海」をテーマとする庭園を配置。生駒の巨石で波を表現した庭に黒松を植樹する。

レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図 03
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 完成イメージ図3

引用元:【公式】レ・ジェイド四天王寺夕陽丘|日本エスコンの新築分譲マンション

現地の様子(2023年3月)

レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 01
建設地の北西側から撮影
躯体工事は終盤に差し掛かっている
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 02
建設地の西側から撮影
幹線道路の谷町筋に面した立地環境
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 03
建設地の南西側から撮影
南側に天台宗の天鷲寺がある
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 04
建設地の北東側から撮影
東面の外壁が姿を見せている
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 05
建設地の東側から撮影
東西道路は光照寺北横線
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 2023年3月 06
現地の掲示されている夜景イメージ

物件概要

名称レ・ジェイド四天王寺夕陽丘
計画名:(仮称)天王寺区六万体町プロジェクト
所在地地名地番:大阪市天王寺区六万体町303番11
用途共同住宅(分譲)
敷地面積662.57㎡
建築面積401.60㎡
延床面積4,605.73㎡
容積率対象面積3,785.40㎡
高さ45.70m
階数地上15階
構造鉄筋コンクリート造
建築主株式会社日本エスコン
設計者株式会社アーキ・テック設計事務所
施工株式会社松本組
着工2021年(令和3年)8月1日
竣工予定2023年(令和5年)4月下旬

レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 建築計画のお知らせ
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 建築計画のお知らせ
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 立面図
レ・ジェイド四天王寺夕陽丘 立面図

地図

建設場所は谷町筋と光照寺北横線の六万体交差点の南東角。多数の寺院に囲まれた由緒ある立地環境で、南側に大きな四天王寺の境内がある。最寄り駅は大阪メトロ谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅で、1番出口から徒歩約1分。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました