スポンサーリンク

【梅田】(仮称)梅田3丁目計画の建設状況 2019年7月

大阪駅前の旧大阪中央郵便局および旧大弘ビル、アクティ西ビルの敷地を一体的に再開発する(仮称)梅田3丁目計画。2008年に計画が発表され、オリエンタルランドの劇場を核施設とする計画だったが、旧建築の保存運動や景気後退等の煽りを受け再開発は延期。2019年に工事の一般競争入札が開始され、ようやく動き出そうとしている。規模は地上40階建て、高さ約187m、2024年3月の竣工を予定している。

完成イメージ図

梅田3丁目計画 完成イメージ図
(仮称)梅田3丁目計画 完成イメージ図
計画当初のイメージであり、大幅に変更される可能性があります

引用元:梅田3丁目計画(仮称)【大阪市】

現地の様子(2019年7月)

梅田3丁目計画 2019年7月 01
南側から見た敷地全景
梅田3丁目計画 2019年7月 02
東側から見た様子
梅田3丁目計画 2019年7月 03
敷地内(西梅田スクエア)の様子
中央の箱に旧大阪中央郵便局の外壁が一部保存されている
梅田3丁目計画 2019年7月 04
大阪ステーションシティ西梅田駐車(左)、よしもと西梅田劇場(右)
今後、本格開発に向けて順次解体される予定
旧大阪中央郵便局 2010年3月
旧大阪中央郵便局(2010年3月撮影)
1939年竣工、吉田鉄郎設計、 逓信建築の代表作品の一つとして高い評価を得ていた

物件概要

名称梅田3丁目計画(仮称)
所在地大阪市北区梅田3丁目2番4号、14号、18号
用途業務施設・商業施設・劇場
敷地面積約12,900㎡
建築面積約8,900㎡
延床面積約217,000㎡
容積率対象面積約193,500㎡(業務施設:約135,500㎡、商業施設:約48,000㎡、劇場:約10,000㎡)
高さ約187m
階数地上40階・地下3階・塔屋2階
構造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主日本郵便株式会社、大阪ターミナルビル株式会社
設計者
施工
着工2020年(令和2年)7月頃
竣工予定2024年(令和6年)3月頃

地図

イメージ図ではJR大阪駅桜橋口から繋がる歩行者デッキが描かれており、完成すればJR大阪駅サウスゲートビルディングからダイレクトなアクセスが可能となる。将来的に高架下および地下レベルでうめきた2期エリアと接続されれば非常に便利になるだろう。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました