スポンサーリンク

【日本橋】2020年10月に竣工したシエリアタワーなんば

関電不動産開発、住友商事、パナソニックホームズの3社が大阪市中央区高津3丁目の島之内ビル跡地に建設したシエリアタワーなんば。難波エリアでは約10年ぶりのタワー物件で、先進の制振構造を採用。土地の定期借地権付の分譲で販売価格を抑えた。規模は地上30階建て、高さ99.35m、延床面積24,030.28㎡、総戸数220戸、2020年10月に竣工、同年12月の入居開始を開始した。

完成イメージ図

シエリアタワーなんば 完成イメージ図
シエリアタワーなんば 完成イメージ図

引用元:シエリアタワーなんば【関電不動産開発】

ダークブラウンを基調とした色合いと和格子を思わせるモダンなフレームデザインで、都会的でありながら和を感じさせる外観。色調を変えたタイル貼りの縦のラインや、多用したガラスの連続性が上質感を演出する。

建物外観(2020年12月撮影)

シエリアタワーなんば 2020年12月 01
建設地の南東側から撮影
ダークブラウンのシックで上品な外観
シエリアタワーなんば 2020年12月 02
低層部の様子
東側は幹線道路の松屋町筋に面している
シエリアタワーなんば 2020年12月 03
エントランスの様子
続々と入居が始まっているようだ
シエリアタワーなんば 2020年12月 04
公開空地の様子
建物周囲に植栽が施されている
シエリアタワーなんば 2020年12月 05
建物南側から見あげる
明るい色が入った縦のラインが特徴的なデザイン
シエリアタワーなんば 2020年12月 06
建物北西側から撮影
斜めにカットされたエッジがアクセントになっている
シエリアタワーなんば 2020年12月 07
建物南西側から撮影
角度によって大きく印象が変わるマンション
シエリアタワーなんば 2020年12月 018
天王寺七坂の一つ源聖寺坂から撮影
歴史ある地に堂々とそびえ立つタワーマンション

物件概要

名称シエリアタワーなんば
計画名:(仮称)大阪市中央区高津PJ
所在地地名地番:大阪市中央区高津3丁目34-2・17-1
用途共同住宅
敷地面積1,795.85㎡
建築面積988.41㎡
延床面積24,030.28㎡
容積率対象面積16,114.32㎡
高さ99.35m(塔屋を除く)
階数地上30階・地下1階
構造鉄筋コンクリート造
建築主関電不動産開発株式会社・住友商事株式会社・パナソニックホームズ株式会社
設計者株式会社IAO竹田設計大阪第三事務所
施工日本国土開発株式会社
着工2018年(平成30年)4月上旬
竣工2020年(令和2年)10月

シエリアタワーなんば 建築計画のお知らせ
シエリアタワーなんば 建築計画のお知らせ

地図

場所は千日前通と松屋町筋が交差する下寺町交差点から南へ約340m。西側に黒門市場や電気街などがある日本橋の繁華街、東側には大規模な寺町があり歴史ある寺院や神社などが数多く建ち並ぶ。最寄り駅の大阪メトロ堺筋線・千日前線 日本橋駅へは徒歩約10分、その他、大阪メトロ谷町線・千日前線 谷町九丁目駅、大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅、近鉄大阪線・奈良線 大阪上本町駅、各線難波駅なども利用可能。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました