スポンサーリンク

【日本橋】2020年7月に開業した国内初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」

サンユー都市開発グループのS&Tホールディングスが大阪市浪速区日本橋4丁目に開業したe-ZONe ~電脳空間~。コンセプトは「泊まれるeスポーツ施設」で、近年急拡大を続けるeスポーツに特化したカプセルタイプのホテルとなっている。規模は地上8階建て、延床面積769.10㎡、ベッド数95。当初は2020年4月のオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期、2020年7月にオープンした。

完成イメージ図

e-ZONe ~電脳空間~ 完成イメージ図 01
e-ZONe ~電脳空間~ 外観イメージ図
e-ZONe ~電脳空間~ 完成イメージ図 02
ゲーミングフロアのイメージ
e-ZONe ~電脳空間~ 完成イメージ図 03
宿泊フロアのイメージ

引用元:サンユー都市開発

1~3階は最大72席のハイスペックPCブースが並ぶゲーミングフロア。4~8階は宿泊フロアで、4~6階はカプセル型のキャビンが並ぶフロア(男性専用)、7階はハイスペックPCを備え付けた個室フロア(各室定員2~4名)、8階は女性専用のプレミアムキャビンとなっている。地下1階にはシャワールームや自販機コーナー、コインランドリーなどの共用スペースを集約している。

建物外観(2020年12月撮影)

e-ZONe ~電脳空間~ 2020年12月 01
建物南東側から撮影
賑やかな堺筋と比べると静かな雰囲気
e-ZONe ~電脳空間~ 2020年12月 02
壁面に大きなロゴが取り付けられている
e-ZONe ~電脳空間~ 2020年12月 03
建物東側から撮影
夜間は派手なライトアップが行われているようだ
e-ZONe ~電脳空間~ 2020年12月 04
「e-ZONe ~電脳空間~」のロゴマーク

物件概要

名称 e-ZONe ~電脳空間~
所在地 大阪市浪速区日本橋4-9-7
用途 アミューズメント施設・宿泊施設
敷地面積
建築面積
延床面積 769.10㎡
容積率対象面積
高さ
階数 地上8階・地下1階
構造 鉄骨造
建築主 株式会社S&Tホールディングス
設計者 株式会社東京オデッセイ
施工 富士建設工業株式会社
着工 年(令和 年)月日
竣工 2020年(令和2年)3月末
竣工 2020年(令和2年)3月末

地図

場所は堺筋(紀州街道)の日本橋3南交差点から南東へ約50m。日本橋でんでんタウンのメインストリートから1本東側へ入った場所にある。最寄り駅は大阪メトロ堺筋線の恵美須町駅で1A出口から徒歩約7分の距離。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました