スポンサーリンク

【神戸港】新港突堤西地区 2021年3月に竣工したGLION Awa-s Building (GLIONグループ本社ビル)

デカンショライオンが神戸市中央区新港町に建設したGLION Awa-s Building (ジーライオンアワーズビル)。神戸市がすすめる新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業のA地区に建設されたオフィスビルで、GLIONグループの本社ビルやショールーム、テナントオフィスが入る。規模は地上10階建て、高さ51.20m、延床面積約11,352.26㎡、2021年3月に竣工、GLIONグループは4月16日付で本社移転を行った。

完成イメージ図

GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 完成イメージ図
GLION Awa-s Building 完成イメージ図

引用元:GLION 本社ビル 新築工事【神戸市 景観デザイン協議】

外観は南面が緩やかなカーブを描くファサードデザイン。カーテンウォールの壁面に加え、各階間のスラブを鋭角的に処理するスタイリッシュな外観となっている。内部は1階~3階にBMW・MINI・フェラーリのショールーム、4階~8階にテナントオフィス、9階にGLIONグループ本社、10階に会議室が入る。

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業

神戸開港150年記念プロジェクトと銘打たれた新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業は、総面積約34,000㎡、新たな魅力と活力ある都心・ウォーターフロントの創出に向け、公募により住友不動産を代表企業とする企業連合が優先交渉権者に決定した。構成企業はSMBC信託銀行、フェリシモ、モトーレン阪神(GLIONグループ)、関電不動産開発となっている。

新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発 完成イメージ図施設配置図
新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発事業 完成イメージ図
新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発 施設配置図 02
新港突堤西地区(第1突堤基部)再開発 施設配置図

北側のA地区には両サイド(5工区・8工区)に住友不動産と関電不動産開発が手掛ける27階建てのツインタワーマンション「ベイシティタワーズ神戸」、中央部南側(7工区)にGLIONグループの本社やショールームなどが入る地上10階建ての「GLION Awa-s Building」、中央部北側(6工区)に600台の立体駐車場「タイムズ神戸新港町」が建設される。

南側のB地区には西側(3工区)にアクアリウム、フードホール、クラシックカーミュージアムで構成される複合文化施設「神戸ポートミュージアム」、東側(4工区)に通販大手フェリシモの本社となる9階建ての「Stage Felissimo」が建設される。

建物外観(2021年5月撮影)

GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 2021年5月 01
建物南西側から撮影
緩やかなカーブ描くガラス面が美しい外観
GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 2021年5月 02
建物南側から撮影
両サイドの鋭角的な庇の処理が個性的
GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 2021年5月 03
建物南東側から撮影
周辺部の工事はまだ終わっていないようだ
GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 2021年5月 04
建物北東側から撮影
マンションに面する側に窓等はなくソリッドな外観

物件概要

名称GLION Awa-s Building
所在地兵庫県神戸市中央区新港町11番1号
用途事務所・店舗・展示場
敷地面積2,976.54㎡
建築面積1,191.38㎡
延床面積11,359.75㎡
容積率対象面積10,822.96㎡
高さ51.99m
階数地上10階
構造鉄骨造
建築主合同会社デカンショライオン
設計者株式会社IAO竹田設計 大阪第一事務所
施工日本建設株式会社 大阪支店
着工2019年(令和元年)9月1日
竣工2021年(令和3年)3月31日

GLION Awa-s Building GLIONグループ本社ビル 建築計画のお知らせ
GLION Awa-s Building 建築計画のお知らせ

地図

場所は新港突堤臨港線と新港第2突堤基部線の新港第2突堤交差点から西へ約100m。最寄り駅は各線の三宮駅から徒歩17分~20分。2021年4月1日より三宮駅前とウォータフロントを結ぶ連節バス「Port Loop (ポートループ)」の運行が開始された。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました