スポンサーリンク

【梅田】2021年4月に開業したホテルインターゲート大阪 梅田 (西梅田サンケイビル)

サンケイビルと不二鉱材が大阪市北区梅田2丁目の新サンケイビルおよびサンケイビル別館跡地に建設した西梅田サンケイビル。低層部にオフィス、店舗、中高層部にホテルインターゲート大阪 梅田が入る複合ビルで、規模は地上18階建て、高さ69.745m、延床面積16,781.54㎡、客室数386室、2020年10月に竣工、2021年4月1日に全館開業した。

完成イメージ図

西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田) 完成イメージ図
西梅田サンケイビル 完成イメージ図

引用元:「ホテルインターゲート大阪 梅田」 開発着手のお知らせ 【サンケイビル・不二鉱材】

外観デザインは白を基調に黒のグリットを施したスタイリッシュな印象。建物周囲の公開空地には歩道が広く取られ、植樹などの緑化が行われている。

メインテナントはグランビスタ ホテル&リゾートが運営するホテルインターゲート大阪 梅田。大浴場やフィットネスジムを備え、インターゲートラウンジでは時間帯により異なるサービスや地域の伝統文化を体験できるワークショップの開催など地域と旅行者が繋がる空間を提供する。総客室数は386室で、内訳はシングル50室、ダブル164室、ツイン104室、トリプル50室、フォース15室、ジュニアスイート2室、スイート1室となっている。

建物外観(2021年7月撮影)

西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 01
建物南東側から撮影
国道2号線に面した立地に建つ白亜のビル
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 02
建物南側から撮影
左奥にはリッツカールトンの入るハービスOSAKA(高さ189m)
右側にはブリーゼタワー(高さ174m)
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 03
建物南東側から撮影
緩やかなカーブを描くデザインが特徴
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 04
建物東側から見上げる
低層部の黒と高層部の白のコントラストが映える
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 07
低層部の様子
1階にはコーンズ・コレクション 梅田ギャラリーが入る
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 06
ホテルメインエントランス様子
西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  2021年7月 05
建物北東側から撮影
南面とは異なり鋭角的なデザインとなっている

物件概要

名称 西梅田サンケイビル
計画名:(仮称)新サンケイビル建替プロジェクト
所在地 大阪府大阪市北区梅田2丁目5番2号
用途 ホテル・事務所・店舗
敷地面積 1,738.29㎡ (プレスリリースでは1,728.29㎡)
建築面積 1,046.85㎡ (プレスリリースでは1,045.83㎡)
延床面積 16,781.54㎡ (プレスリリースでは16,743.96㎡)
容積率対象面積 15,345.93㎡
高さ 69.745m
階数 地上18階・地下1階・塔屋1階
構造 RC・S・SRC
建築主 株式会社サンケイビル・不二鉱材株式会社
設計者 株式会社竹中工務店 大阪一級建築士事務所
施工 株式会社竹中工務店 大阪本店
着工 2019年(平成31年)2月1日
竣工 2020年(令和2年)10月30日
開業 2021年(令和3年)4月1日

西梅田サンケイビル (ホテルインターゲート大阪梅田)  建築計画のお知らせ
西梅田サンケイビル 建築計画のお知らせ

地図

建設場所は国道2号線沿い、桜橋西交差点の北西側。西梅田再開発地区(オオサカガーデンシティ)の超高層ビル群の南側に位置し、北側にハービスOSAKA、東側にブリーゼタワーがある。最寄り駅はJR大阪駅、JR北新地駅、阪神梅田駅、大阪メトロ御堂筋線 梅田駅・四つ橋線 西梅田駅・谷町線 東梅田駅など。

公式資料および関連サイトなど

宿泊予約

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました