スポンサーリンク

【南港】ミズノ (仮称)新研究開発拠点の建設状況 2021年12月

ミズノが大阪市住之江区南港北1丁目の自社敷地(駐車場&テニスコート跡地)に建設中の(仮称)新研究開発拠点。スポーツの力で社会課題を解決する社会イノベーション創出を目指す研究施設で、規模は地上2階建て、延床面積約5,000㎡、2022年9月末の竣工を予定している。

完成イメージ図

ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 完成イメージ図
ミズノ (仮称)新研究開発拠点 完成イメージ図

引用元:ミズノ 新研究開発拠点を設立【ミズノ】

新研究開発拠点の総事業費は約50億円。アスリートに加え幅広い世代の日常生活における生体・運動データや人の心の動きの研究、および脳科学や人間工学などの外部研究機関の知見を融合し、アスリートのさらなるパフォーマンス向上と生活者のQOLを向上させる商品・サービスを開発する施設となる。

現地の様子(2021年12月)

ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 2021年12月 01
建設地の北西側から撮影
後ろの高層ビルがミズノ大阪本社(ミズノクリスタ)
ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 2021年12月 02
建設地の南西側から撮影
基礎の構築が進んでいる
ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 2021年12月 03
建設地の北東側から撮影
手前は西尾レントオールR&D国際交流センターの建設地
ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 2021年12月 04
建設地の南東側から撮影
ミズノ (仮称)新研究開発拠点新築工事 2021年12月 05
現地の標示を撮影
施工は大林組が担当している

物件概要

名称 計画名:ミズノ株式会社 (仮称)新研究開発拠点新築工事
所在地 大阪市住之江区南港北1丁目12-35
用途 事務所(研究開発施設)
敷地面積
建築面積
延床面積 約5,000㎡
容積率対象面積
高さ
階数 地上2階
構造
建築主 美津濃株式会社
設計者 株式会社日建設計
施工 株式会社大林組 大阪本店
着工 2021年(令和3年)4月
竣工予定 2022年(令和4年)9月末

地図

建設場所はコスモスクエア地区の咲洲庁舎北交差点から南東へ約170m。ミズノ大阪本社の北側に隣接した敷地に建設される。西側に大阪府咲洲庁舎(コスモタワー、やATC(アジア太平洋トレードセンター)がある。アクセスは大阪メトロ中央線のコスモスクエア駅、およびニュートラム南港ポートタウン線のトレードセンター前駅から徒歩5~6分。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました