スポンサーリンク

【南港】咲洲コスモスクエア地区複合一体開発 大阪ベイレジデンスの建設状況 2019年9月

近鉄不動産、東急不動産、サンケイビル、長谷工コーポレーション、アーク不動産の5社が大阪市住之江区南港北1丁目の咲洲コスモスクエア地区で建設中の大阪ベイレジデンス。大阪市が公募した咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発用地の先行開発で、同地区での分譲マンション供給は8年ぶりとなる。1期棟の規模は地上15階建て、高さ44.53m、総戸数330戸、2021年1月の竣工、同年3月の入居開始を予定している。

完成イメージ図

大阪ベイレジデンス 完成イメージ図
大阪ベイレジデンス 完成イメージ図

引用元:【公式】「大阪ベイレジデンス」

咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発用地 完成イメージ図
公募時の全体イメージ(画地③)
1期棟は当初L字型の配置となっていたようだ

引用元:咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発用地【大阪市報道発表資料】

現地の様子(2019年9月)

大阪ベイレジデンス 2019年9月 01
建設地南東側より
かなり広大な敷地であることが分かる
大阪ベイレジデンス 2019年9月 02
建設地南西側より
大阪ベイレジデンス 2019年9月 03
建設地東側 コスモスクエア駅より
手前には2期棟用の敷地が残る
大阪ベイレジデンス 2019年9月 04
キャッチコピーは「世界が見つめる、夢咲く島。」
大阪ベイレジデンス 2019年9月 06
現地の看板を撮影
大阪ベイレジデンス 2019年9月 05
東隣に建つ大阪出入国在留管理局

物件概要

名称大阪ベイレジデンス
計画名:(仮称)住之江区南港北プロジェクト(I街区)新築工事
所在地地名地番:大阪市住之江区南港北一丁目41番5の一部、41番6の一部
住居表示:大阪市住之江区南港北一丁目
用途分譲共同住宅
敷地面積6,860.78㎡
建築面積2,864.75㎡
延床面積27,024.51㎡
容積率対象面積24,670.47㎡
高さ44.553m
階数地上15階
構造鉄筋コンクリート造
建築主近鉄不動産株式会社・東急不動産株式会社・株式会社サンケイビル・株式会社長谷工コーポレーション・アーク不動産株式会社
設計者株式会社IAO竹田設計・株式会社長谷工コーポレーション大阪エンジニアリング事業部
施工株式会社長谷工コーポレーション
着工2019年(平成31年)1月下旬
竣工予定2021年(令和3年)3月下旬

地図

建設地は大阪南港の咲洲コスモスクエア2期地区。元々は大阪市が所有していた土地で、アーク不動産が公募により開発事業者に選ばれた。大阪出入国在留管理局北側には未着手の土地が残っており、将来的に2期開発が行われるものと見られる。最寄り駅は大阪メトロ中央線 コスモスクエア駅で、4番出口より徒歩2分程度の距離。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました