スポンサーリンク

【大淀】2022年12月に竣工したOS-318 (データセンター)

須磨特定目的会社が大阪市北区大淀中3丁目のトーハン旧大阪支店跡地に建設したOS-318。計画名称は(仮称)SUMA新築工事で、詳細な施設概要等は公表されていないが、通信局舎(データセンター)用途の大型ビルとなっている。規模は地上7階建て、高さ約46m、延床面積13,319㎡、2022年12月に竣工した。

完成イメージ図

(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 立面図 02
OS-318 立面図

建物外観(2023年1月撮影)

(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 01
建物西側から撮影
まるで工場のような印象を受けるDCビルが完成した
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 02
建物北側から撮影
ほとんど窓ガラスの無いデータセンターらしい構造
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 03
建物北東側から撮影
東側にライフ大淀中店が隣接している
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 04
北側エントランスの様子
(仮称)SUMA新築工事 (OS-318) 2023年11月
ビル名を示すサインはOS-318という表記のみ
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 05
建物西側から撮影
東面には細長いスリット状の壁が並ぶ
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 06
建物南西側から撮影
壁面から張り出した構造物がメカニカルな雰囲気
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 07
建物南側から撮影
非常階段が設置されている
(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 2023年1月 08
建物南東側から撮影
見る角度によって大きく外観の印象が変わる

物件概要

名称OS-318
計画名:(仮称)SUMA新築工事
所在地地名地番:大阪市北区大淀南3丁目2-4、2-5
住居表示:大阪市北区大淀中3丁目18-18
用途通信局舎(データセンター)
敷地面積4,206.27㎡
建築面積2,204㎡
延床面積13,319㎡
容積率対象面積12,575㎡
高さ約46m
階数地上7階・塔屋1階
構造鉄骨造
建築主須磨特定目的会社
設計者株式会社大林組 大阪本店一級建築士事務所
施工株式会社大林組 大阪本店
着工2021年(令和3年)4月1日
竣工2022年(令和4年)12月末

(仮称)SUMA新築工事 (トーハン旧大阪支店跡地) 建築計画のお知らせ 02
OS-318 建築計画のお知らせ

地図

場所はあみだ池筋と十三筋の分岐点となる大淀中2交差点から西へ約150m。東側には梅田スカイビルが建つ新梅田シティや再開発工事中の「うめきた2期地区」がある。最寄り駅は阪急神戸線・宝塚線の中津駅から徒歩7分程度。JR大阪環状線の福島駅およびJR大阪駅方面へも徒歩15分程度の距離。

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました