スポンサーリンク

【新大阪】2020年1月に開業したホテルWBF新大阪スカイタワー

旅行業を手掛けるホワイト・ベアーファミリーが新大阪駅南側の大阪市淀川区西中島7丁目に建設したホテルWBF新大阪スカイタワー。建築面積521.14㎡に延床面積8,173.83㎡という超細身のペンシル型高層建築で、規模は地上32階建て、高さ105.55m、客室数400室、2020年1月18日に開業を迎えた。

しかし運営を手掛けるWBFホテル&リゾーツが新型コロナウイルスによる観光需要低迷の影響もあって2020年4月に民事再生法の適用を申請、同年6月には星野リゾートとの間でスポンサー就任の基本合意を締結。ホテルの営業を継続しながら再建を模索している。

完成イメージ図

ホテルWBF新大阪スカイタワー 完成イメージ図
ホテルWBF新大阪スカイタワー 完成イメージ図
屋上にはルーフトップバーが設けられる

建物外観(2020年10月撮影)

ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 01
建物北西側より撮影
数字の通り驚くほど細く見えるタワー
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 02
建物東側より撮影
新御堂筋側にエントランスが設けられているのがポイント
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 03
エントランスの様子
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 04
ホテル入口へと続く廊下
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 05
建物北側から撮影
白の外壁が明るい印象を与える
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 06
建物北側から見上げる
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 07
建物南東側から見上げる
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 08
建物南側から見上げる
特徴的な斜めのラインは夜間ブルーにライトアップされる
ホテルWBF新大阪スカイタワー 2020年10月 09
頂部を望遠撮影
屋上には大阪の街並みを一望できるルーフトップバーが設けられている

物件概要

名称 ホテルWBF新大阪スカイタワー
計画名:WBF新大阪ホテル
所在地 大阪市淀川区西中島7-4-20
用途 ホテル
敷地面積 911.82㎡
建築面積 521.14㎡
延床面積 8,173.83㎡
容積率対象面積 7,291.55㎡
高さ 99.90m(最高高さ105.55m)
階数 地上32階・塔屋1階
構造 鉄骨造
建築主 株式会社ホワイト・ベアーファミリー
設計者 株式会社日企設計
施工 日本国土開発株式会社
着工 2017年(平成29年)9月中旬
竣工 2019年(令和元年)6月下旬
開業 2020年(令和2年)1月18日

ホテルWBF新大阪スカイタワー 建築計画のお知らせ
ホテルWBF新大阪スカイタワー 建築計画のお知らせ

地図

場所はJR・大阪メトロ 新大阪駅南側の新御堂筋沿いで、パチンコ店(マジックバード新大阪)の跡地。新大阪駅周辺ではインバウンド観光需要を当て込んだホテルの建設ラッシュとなっており、新規ホテルが続々と開業している。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました