スポンサーリンク

【堺筋本町】2022年12月に竣工したシティタワー大阪本町

住友不動産が大阪市中央区備後町2丁目の瀧定大阪ビル・SPP大阪ビル・りそな銀行備後町別館などの跡地に建設したシティタワー大阪本町。単独売主としては大阪市内で過去最大の総戸数を誇る超高層免震分譲タワーマンションで、規模は地上48階建て、高さ165m(最高部約170m)、延床面積88,600㎡、総戸数855戸、2021年12月に竣工、2022年4月より入居を開始した。

完成イメージ図

シティタワー大阪本町は大阪市内のシティタワーシリーズとしては13棟目の物件となる。

シティタワー大阪本町 完成イメージ図 01
シティタワー大阪本町 完成イメージ図 昼景
シティタワー大阪本町 完成イメージ図 02
シティタワー大阪本町 完成イメージ図 夜景

ブラックとホワイトのラインが縦に伸びる外観デザイン。四方に突き出したコーナー部とダイナミックパノラマウィンドウが美しいシルエットを描き出す。頭頂部のアクセントは地上約160mに達する。

シティタワー大阪本町 エントランス 完成イメージ図 01
エントランス 完成イメージ図1
シティタワー大阪本町 エントランス 完成イメージ図 02
エントランス 完成イメージ図2

基壇部に配置された高さ13m、横幅29mの壮大なガラス張りエントランスが船場の歴史を継承するオフィス街の景観に溶け込む。

シティタワー大阪本町 ラウンジ 完成イメージ図
ラウンジ 完成イメージ図
シティタワー大阪本町 スカイラウンジ 完成イメージ図
スカイラウンジ 完成イメージ図
シティタワー大阪本町 スカイアトリウム 完成イメージ図
スカイアトリウム 完成イメージ図

エントランスには迎賓用のラウンジ、47階には共用スペースのスカイラウンジやスカイアトリウム、パーティルームが設けられる。

引用元:シティタワー大阪本町【住友不動産】

建物外観(2022年6月撮影)

シティタワー大阪本町 2022年6月 01
建物の南西側から撮影
グレー基調の外壁ホワイトのラインが精悍なイメージ
シティタワー大阪本町 2022年6月 04
建物の南側から撮影
縦のラインが一直線に頂上へと伸びる
シティタワー大阪本町 2022年6月 07
建物南東側から撮影
総戸数の割には細身でスタイリッシュな印象
シティタワー大阪本町 2022年6月 06
南側低層部の様子
ガラス張りのエントランス空間が映える
シティタワー大阪本町 2022年6月 05
高さ13m、横幅29mのガラスウォール部分
歴史ある本町のオフィス街への配慮が感じられる
シティタワー大阪本町 2022年6月 02
建物南西側の様子
広く取られた公開空地に植樹が施されている
シティタワー大阪本町 2022年6月 03
エントランスの様子
シティタワー大阪本町 2022年6月 08
車寄せと駐車場のエントランス
シティタワー大阪本町 2022年6月 09
建物北西側から撮影
コーナーに突き出した庇部分の並びが美しい
シティタワー大阪本町 2022年6月 10
建物北東側から撮影
シティタワー大阪本町 2022年6月 11
建物北東側低層部の様子
共用棟にはテナントとして保育所が入居する
シティタワー大阪本町 2022年6月 12
共用棟の駐車場エントランス

物件概要

名称シティタワー大阪本町
計画名:(仮称)備後町計画
所在地地名地番:大阪市中央区備後町二丁目30番地他
住居表示:大阪市中央区備後町二丁目(以下未定)
用途共同住宅・一部店舗
敷地面積5,594.24㎡
建築面積3,700㎡
延床面積88,600㎡
容積率対象面積55,940㎡
高さ165m(最高部約170m)
階数地上48階・地下1階・塔屋2階
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主住友不動産株式会社
設計者清水建設株式会社 関西支店一級建築士事務所
施工清水建設株式会社 関西支店
着工2019年(平成31年)1月4日
竣工2021年(令和3年)12月中旬
入居開始2022年(令和4年)4月より ※販売時期により異なる

シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ
シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ
シティタワー大阪本町 立面図
シティタワー大阪本町 立面図

地図

場所は堺筋の備後町1交差点および安土町1交差点から西へ約150m。大阪の都心ビジネス街である本町(船場)の中心付近に位置する。北西側の区画には船場を代表する近代建築の綿業会館(国の重要文化財)がある。最寄り駅は大阪メトロ中央線・堺筋線の堺筋本町駅で、17番出口から徒歩約2~3分。その他、大阪メトロ御堂筋線・中央線の本町駅からも徒歩圏内。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました