スポンサーリンク

【梅田】(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地の建設状況 2019年9月

シンガポールのホテルプロパティズ社(HPL)と東京建物が大阪市北区堂島2丁目の電通大阪ビル(電通関西支社ビル)跡地に建設を計画している(仮称)堂島2丁目計画。大阪市の報道発表資料や建設系ニュースサイトによると、 本計画を含む堂島2丁目特定街区は「国際競争力の強化に資する宿泊施設」及び「にぎわい・交流機能等の導入」などを条件に容積率の最高限度が1200%に引き上げられ、地上50階建て、高さ195m(最高限度)、延床面積約80,000㎡、最大180室のホテルと450戸の共同住宅を含む超高層複合ビルを計画しているとのこと。

現段階で名称等の詳細は不明だが、一時期、現地の看板に東京建物のマンションブランド「Brillia(ブリリア)」の広告が掲げられていたことから、共同住宅部分は同シリーズを冠することが最有力視されており、またホテル部分には外資系高級ホテルや、国内大手ホテルチェーン進出の噂が出ている。

現地の様子(2019年9月)

(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 01
敷地南東側より
既存建物の解体が終わり地下の解体工事が進んでいる
(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 02
敷地南西側より
奥に見えるのは堂島ザ・レジデンス マークタワー
(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 03
敷地北西側より
手前は新藤田ビルの公開空地
(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 04
敷地北東側より
西側に隣接する新藤田ビルが見える
(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 05
北側正面より
遠くに中之島の高層ビル群が見える
(仮称)堂島2丁目計画 電通大阪ビル跡地 2019年9月 06
現地の看板を撮影

地図

建設地は四つ橋筋の堂島1交差点から西へ約150m。北側に広がる西梅田再開発地区「オオサカガーデンシティ」と中之島の中間あたりに位置する。東側には大阪を代表する歓楽街の北新地、西側にはNTTの関連施設や福島1丁目再開発地区の「ほたるまち」の大型ビルが建ち並ぶ。最寄り駅は大阪メトロ四つ橋線の西梅田駅、京阪中之島線の渡辺橋駅。その他JR大阪駅、JR北新地駅、大阪メトロ御堂筋線 梅田駅なども徒歩圏内。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました