スポンサーリンク

【淡路】阪急電鉄京都線・千里線 連続立体交差事業の建設状況 (淡路駅周辺) 2021年12月

大阪市が阪急電鉄京都線および千里線の淡路駅周辺で整備を進めている阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業。阪急京都線(3.3km)と千里線(3.8km)の計7.1kmを高架化するプロジェクトで、当初は2017年度末の高架切替・2019年度末の全体完成を予定していたが、度重なる延期により2028年度の高架切替、2031年度の全体完成の見込みとなっている。

事業概要

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 計画図
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 計画図

引用元:阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業【大阪市】

事業の範囲は京都線が東淀川区上新庄1丁目~東淀川区柴島1丁目、千里線が吹田市南清和園町~東淀川区柴島2丁目の総延長7.1kmで、崇禅寺駅淡路駅柴島駅下新庄駅の4駅の高架化が計画されている。踏切除却数は17箇所となり、交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化による都市の活性化が期待されている。

完成イメージ図

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 完成イメージ図
駅施設の完成イメージ図

引用元:阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業【大阪市】

淡路駅付近の様子(2021年12月)

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 08
淡路駅東側付近の様子
新駅舎の建設現場が見える
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 01
淡路駅南側の様子
4層構造の駅舎の一部が姿を現している
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 02
現在の淡路駅東側入口
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 03
現在の淡路駅の南側に高架が建設されている
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 04
淡路駅西側付近の様子
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 05
淡路駅西側の踏切
線路の真上で高架橋の工事が進む
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 06
淡路駅西側 京都線と千里線の分岐点
手前側が千里線、奥側が京都線
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 07
淡路駅西側から柴島方面の様子
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 09
淡路駅東側 京都線と千里線の合流点
千里線側にはトラス橋がお目見えしている
阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業 2021年12月 10
京都線の高架橋と千里線のトラス橋

事業概要

名称阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近) 連続立体交差事業
所在地京都線:大阪市東淀川区上新庄1丁目~大阪市東淀川区柴島1丁目
千里線:大阪府吹田市南清和園町~大阪市東淀川区柴島2丁目
事業内容連続立体交差事業
総延長7.1km
踏切除却数17箇所
高架駅数4駅 (崇禅寺駅・淡路駅・柴島駅・下新庄駅)
付属街路8路線 (L=5.9km W=6~10m)
構造高架橋 (RC構造・PC構造・鋼トラス構造)
事業主体大阪市建設局
発注者阪急電鉄
設計阪急設計コンサルタント
施工鹿島建設・戸田建設特定建設工事共同企業体
事業期間2010年(平成22年)3月~2031年(令和13年)

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました