スポンサーリンク

【南港】2021年1月に竣工した大阪ベイレジデンス

近鉄不動産、東急不動産、サンケイビル、長谷工コーポレーション、アーク不動産の5社が大阪市住之江区南港北1丁目の咲洲コスモスクエア地区に建設した大阪ベイレジデンス。大阪市が公募した咲洲コスモスクエア地区 複合一体開発用地の先行開発となる物件で、同地区での分譲マンション供給は実に8年ぶりとなった。I街区は2棟構成で、規模は地上15階建て、高さ44.53m、延床面積27,024.51㎡、総戸数330戸、2021年1月に竣工、同年3月に入居を開始した。

完成イメージ図

大阪ベイレジデンス 完成イメージ図
大阪ベイレジデンス 完成イメージ図
大阪ベイレジデンス 施設配置図
大阪ベイレジデンス 施設配置図

引用元:【公式】「大阪ベイレジデンス」

I街区として建設された2棟は南側がブライトフルコート、北側がリブリーコートという名称となった。敷地の周囲を庭園や緑地で囲む構成で、「ガーデンアイランド」というコンセプトを打ち出している。

建物外観(2021年4月撮影)

大阪ベイレジデンス 2021年4月 01
ブライトフルコートを南西側から撮影
大規模なマンションだけあって存在感が際立つ
大阪ベイレジデンス 2021年4月 02
ブライトフルコートを南側から撮影
ベイエリアらしいホワイトとブルーのカラーリング
大阪ベイレジデンス 2021年4月 03
ブライトフルコートを南東側から撮影
大阪ベイレジデンス 2021年4月 04
敷地の西側から撮影
2棟はハの字型の配置になっている
大阪ベイレジデンス 2021年4月 05
リブリーコートを北西側から撮影
左側にII街区の用地が見える
大阪ベイレジデンス 2021年4月 06
正面玄関のガーデニングエリア
余裕をもった贅沢な敷地の使い方が伺える
大阪ベイレジデンス 2021年4月 07
II街区を東側から撮影
計画では1棟で600戸規模のマンションとなる予定
2019年度の着工予定だが撮影時点で動きは無かった
大阪ベイレジデンス 2021年4月 08
大阪出入国在留管理局との間
将来的にはII街区への導入路が整備される

物件概要

名称大阪ベイレジデンス
計画名:(仮称)住之江区南港北プロジェクト(I街区)新築工事
所在地地名地番:大阪市住之江区南港北一丁目41番5の一部、41番6の一部
住居表示:大阪市住之江区南港北一丁目
用途分譲共同住宅
敷地面積6,860.78㎡
建築面積2,864.75㎡
延床面積27,024.51㎡
容積率対象面積24,670.47㎡
高さ44.553m
階数地上15階
構造鉄筋コンクリート造
建築主近鉄不動産株式会社・東急不動産株式会社・株式会社サンケイビル・株式会社長谷工コーポレーション・アーク不動産株式会社
設計者株式会社IAO竹田設計・株式会社長谷工コーポレーション大阪エンジニアリング事業部
施工株式会社長谷工コーポレーション
着工2019年(平成31年)1月下旬
竣工2021年(令和3年)1月26日

地図

建設地は大阪南港の咲洲コスモスクエア2期地区。元々は大阪市が所有していた土地で、アーク不動産が公募により開発事業者に選ばれた。大阪出入国在留管理局北側には未着手の土地が残っており、将来的に2期開発が行われるものと見られる。最寄り駅は大阪メトロ中央線 コスモスクエア駅で、4番出口より徒歩2分程度の距離。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました