スポンサーリンク

【淀屋橋】(仮称)相鉄フレッサイン大阪淀屋橋II 新・大阪信愛ビルの建設状況 2021年10月

ひろしま信愛不動産が大阪市中央区北浜3丁目の大阪信愛ビル跡地に建設中の新・大阪信愛ビル。事務所、店舗、ビジネスホテルの(仮称)相鉄フレッサイン大阪淀屋橋IIが入居する複合ビルで、規模は地上13階建て、高さ49.06m、延床面積4,402.06㎡、ホテル客室数160室、2023年1月の竣工、同年春の開業を予定している。

完成イメージ図

新・大阪信愛ビル新築工事 立面図
新・大阪信愛ビル新築工事 立面図

引用元:現地看板より

1階~3階が事務所および店舗、4階~13階が相鉄ホテルマネジメントが運営する(仮称)相鉄フレッサイン大阪淀屋橋IIとなる。事務所部分には旧大阪信愛ビルのメインテナントだった広島銀行(仮店舗で営業中)が再移転して入居する可能性が高い。

現地の様子(2021年10月)

新・大阪信愛ビル新築工事 2021年10月 01
建設地の北西側から撮影
解体工事が終わり着工されたようだ
新・大阪信愛ビル新築工事 2021年10月 02
建設地の北側から撮影
西側では日本生命の新淀屋橋ビル(高さ123m)が建設中
新・大阪信愛ビル新築工事 2021年10月 03
建設地の北東側から撮影
北側は土佐堀通に面している
新・大阪信愛ビル新築工事 2021年10月 04
建設地の南西側から撮影
大阪信愛ビル建替計画 2019年9月 01
解体前の旧大阪信愛ビル(2019年9月撮影)
広島銀行の看板が見える

物件概要

名称計画名:新・大阪信愛ビル新築工事
所在地地名地番:大阪市中央区北浜3丁目7番3
住居表示:大阪市中央区北浜3丁目7番23
用途ホテル・事務所・店舗
敷地面積502.68㎡
建築面積380.58㎡
延床面積4,402.06㎡
容積率対象面積4,020.72㎡
高さ49.06m
階数地上13階・地下1階
構造鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
建築主ひろしま信愛不動産株式会社
設計者浅井謙建築研究所株式会社
施工株式会社増岡組
着工2021年(令和3年)5月1日
竣工予定2023年(令和5年)1月31日

新・大阪信愛ビル新築工事 建築計画のお知らせ 02
新・大阪信愛ビル新築工事 建築計画のお知らせ
新・大阪信愛ビル新築工事 旅館業施設計画の概要
旅館業施設計画の概要

地図

建設場所は土佐堀通沿い、御堂筋の淀屋橋交差点から東へ約160m。周辺は日本生命の本社や関連会社が集積することから「日本生命村」と呼ばれることもあるビジネス街。最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・京阪電鉄の淀屋橋駅で、旧ビルと同様に地下階に直結すると思われる。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました