スポンサーリンク

【淀屋橋】日本生命淀屋橋ビルの建設状況 2021年10月

日本生命保険相互会社と大林組が大阪市中央区北浜3丁目に建設中の日本生命淀屋橋ビル。1969年築で老朽化していた旧日本生命淀屋橋ビルを最新の超高層オフィスビルへと建て替える計画で、規模は地上25階建て、高さ123m、延床面積49,431㎡、2022年8月の竣工を予定している。

完成イメージ図

(仮称)新淀屋橋ビル (日本生命淀屋橋ビル建替計画) 完成イメージ図
(仮称)新淀屋橋ビル 完成イメージ図

引用元:日本生命淀屋橋ビルの建替計画について【日本生命保険相互会社】

日本生命淀屋橋ビルは竣工時点で淀屋橋エリア最高層となる。オフィスフロアは1フロア約474坪。南海トラフ地震動のような長時間継続する地震に対して効果的に揺れを小さくするオイルダンパー式の制振構造を採用する。大阪メトロ御堂筋線および京阪本線の淀屋橋駅に直結する地下フロアには商業店舗が入る。

現地の様子(2021年10月)

日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 01
建設中の西側から撮影
取材時点で最上部まで組み上がっていた
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 02
建設地の北西側から撮影
完成時点では淀屋橋エリア最高層のビルとなる
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 03
建設地の北側から撮影
南北面からだとスリムな印象に見える
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 04
低層部の様子
日本生命らしい石張り調のファサード
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 05
建設地の北東側から撮影
片側2車線の土佐堀通に面する
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 06
建設地の南東側から撮影
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 07
建設地の南側から撮影
これから内装工事が本格化するものと思われる
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 08
建設地の南西側から撮影
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 10
テナント募集の看板
日本生命淀屋橋ビル 2021年10月 09
周辺は日本生命の一大拠点となっている
日本生命淀屋橋ビル(左)、日本生命保険相互会社 東館(右)

物件概要

名称 日本生命淀屋橋ビル
計画名:(仮称)新淀屋橋ビル新築計画
所在地 地名地番:大阪市中央区北浜三丁目1番、1番9、1番10、1番11、2番、3番5、4番2、5番2、6番甲、6番乙、15番1、16番1、16番2、17番、18番、19番1、19番3、19番4、19番5、19番甲、19番乙、19番丙
用途 事務所、店舗(既存 自動車車庫)
敷地面積 4,666.74㎡
建築面積 2,284㎡(既存224㎡)
延床面積 49,431㎡(既存2,018㎡)
容積率対象面積 46,667㎡(既存0㎡)
高さ 123m(既存40m)
階数 地上25階・地下1階(既存 地上2階)
構造 鉄骨造。一部鉄筋コンクリート造(既存 鉄骨造)
建築主 日本生命保険相互会社・株式会社大林組
設計者 株式会社大林組 大阪本店一級建築士事務所
施工 新淀屋橋ビル新築共同企業体(大林組・奥村組・藤木工務店・大末建設)
着工 2019年(令和元年)12月1日
竣工予定 2022年(令和4年)8月31日

日本生命淀屋橋ビル 建築計画のお知らせ
日本生命淀屋橋ビル 建築計画のお知らせ

地図

建設地は御堂筋の淀屋橋交差点から東へ約100m。北側は土佐堀通に面する。周辺は日本生命の本社や関連会社が集積することから「日本生命村」と呼ばれることもあるビジネス街。最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・京阪電鉄の淀屋橋駅で、ビルの地下階と直結する構造。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました