スポンサーリンク

【梅田】(仮称)梅田曽根崎計画の建設状況 2019年8月

住友不動産が大阪市北区曽根崎2丁目の大阪北小学校跡地で建設中の超高層複合ビル、(仮称)梅田曽根崎計画。 「曽根崎Link City」を事業コンセプトに、 1階に「リンクモール」(物販・飲食店舗施設)、2階に文化・交流施設や災害対策施設、3階に駐車場、4〜8階にホテル(202室)、9〜56階に高級賃貸マンション「ラ・トゥール」(836戸)を配置。また交流広場空間「リンクプラザ」の創出など、商店街と空間的な繋がりを持たせた施設配置としている。規模は地上56階建て、高さ191.675m、2018年7月着工、2022年3月の竣工を予定している。

完成イメージ図

(仮称)梅田曽根崎計画 完成イメージ図
(仮称)梅田曽根崎計画 完成イメージ図
梅田周辺エリアでは最高層のビルとなる

引用元:住友不動産ニュースリリース (2018年7月4日付け)

現地の様子(2019年8月)

(仮称)梅田曽根崎計画 2019年8月 01
大阪駅前第3ビル展望台から
(仮称)梅田曽根崎計画 2019年8月 02
敷地東側より
(仮称)梅田曽根崎計画 2019年8月 03
敷地南側より
梅田駅前の高層ビル群とタワークレーン

物件概要

名称 計画名:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地 地名地番:大阪市北区曽根崎2丁目73番2
用途 共同住宅 836戸/ホテル 202室/店舗、貸会議室(文化・交流施設)
敷地面積 6,837.63㎡
建築面積 4,965.74㎡
延床面積 108,608.36㎡
容積率対象面積 74,731.08㎡
高さ 191,675m
階数 地上56階・地下1階・塔屋2階
構造 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
事業建築主 住友不動産
設計者 株式会社大林組大阪本社
施工 株式会社大林組大阪本社
着工 2018年(平成30年)7月2日
竣工予定 2022年(令和4年)3月下旬

(仮称)梅田曽根崎計画 建築計画
(仮称)梅田曽根崎計画 建築計画のお知らせ

地図

最寄り駅は大阪メトロ谷町線の東梅田駅など。東側は新御堂筋、西側はお初天神通り商店街に面する。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました