スポンサーリンク

【梅田】JR西日本 イノゲート大阪の建設状況 (大阪駅西高架エリア開発) 2023年5月

JR西日本と大阪ターミナルビルが大阪市北区大深町および梅田3丁目に建設中のイノゲート大阪。オフィスと飲食店舗を中心とする商業エリアで構成されるJR大阪駅の新しい駅ビルで、規模は地上23階建て、高さ121.6m、延床面積60,207.30㎡、2024年6月の竣工、同年秋の開業を予定している。

完成イメージ図

イノゲート大阪の名称は「Innovate(革新する)」+「gate(ゲート)」を組み合わせたもので、新しいものに挑んでいく、新しいビジネスを生み出していく、自由で前向きなマインドを歓迎する入り口になりたい、という思いをビルの名称に込めている。

イノゲート大阪 ロゴ
イノゲート大阪 ロゴマーク

開発エリア全体の名称は大阪駅西高架エリア開発。商業施設やバスターミナルが設置される高架下の開発エリアが延床面積約7,000㎡(店舗面積が約3,000㎡)。低層部には広場空間が設けられ、うめきた2期地区開発と連携した歩行者の回遊性向上を図る。

イノゲート大阪 完成イメージ図 01
イノゲート大阪 完成イメージ図
イノゲート大阪 完成イメージ図 02
イノゲート大阪 俯瞰イメージ図

引用元:大阪駅新駅ビル計画 2024年秋開業予定

フロア構成

1階がJR大阪駅西側の新改札口(西口)と直結するエントランス、2階がノースゲートビルディングや駐車場と接続する連絡通路、3階~5階が飲食店舗(バルチカ03)、6階がオフィスサポート、9階~10階がフレキシブルオフィス、11階が貸会議室、12階~22Fがオフィスエリアとなる。

イノゲート大阪 フロア構成図
フロア構成図

バルチカ03

バルチカ03」はルクア大阪地下2階のバルゾーン「バルチカ」の派生ブランド。「03」は梅田3丁目に立地すること、オフィスワーカーが毎日通いたくなるような「サードプレイス」を目指すこと、また男性向けの横丁ゾーンから「おっさん(03)」の意味も併せ持っている。

イノゲート大阪 完成イメージ図 03
バルチカ03(3階) 完成イメージ図
大型オールデイダイニングが集積する
イノゲート大阪 完成イメージ図 04
バルチカ03(4階) 完成イメージ図
大阪で人気の老舗や路地裏の名店が出店
イノゲート大阪 完成イメージ図 05
バルチカ03(5階) 完成イメージ図
横丁風の呑みに特化したフロア

引用元:大阪駅新駅ビル計画 2024年秋開業予定

オフィス&貸会議室

6階は蔦屋書店の「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」が手掛けるオフィスロビーを配置。書籍・文具・食雑貨やオフィスワーカーが手軽に利用できる軽食類などを提供。シェアラウンジとしても利用可能。

イノゲート大阪 完成イメージ図 09
6階 オフィスサポート 完成イメージ図

9階・10階のフレキシブルオフィスはスタートアップ・ベンチャー、士業、企業内のプロジェクトチームなど、多様なワーカーの幅広いニーズにフレキシブルに応えるオフィス。ラグジュアリーなロビーラウンジやワークシーンを彩る会議室を備える。

イノゲート大阪 完成イメージ図 06
9階・10階 フレキシブルオフィス 完成イメージ図

11階の貸会議室は18名から最大126名を収容する12室のミーティングスペースを設置。リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッド型イベントにも対応する最新AV設備を備える。また専用ロビーやレセプションパーティーにも最適なクリエイティブラウンジも併設。

イノゲート大阪 完成イメージ図 07
11階 貸会議室 完成イメージ図

穏やかな採光と緑豊かな眺望を楽しめるオフィス空間。

イノゲート大阪 完成イメージ図 08
オフィスフロア 完成イメージ図

引用元:大阪駅新駅ビル計画 2024年秋開業予定

現地の様子(2023年5月)

イノゲート大阪 2023年5月 01
建設地の北西側から撮影
取材時点で既に上棟を迎えていた
イノゲート大阪 2023年5月 02
低層部を北西側から撮影
ガラス張りの商業ゾーンが姿を見せている
イノゲート大阪 2023年5月 03
建設地の西側から撮影
写真奥側がJR大阪駅方面
イノゲート大阪 2023年5月 04
建設地の北側から撮影
かなり横幅の広い高層ビルとなる
イノゲート大阪 2023年5月 05
建設地の北側 うめきた(大阪)駅から撮影
ガラス張りの高層部には斜めのカットラインが入る
イノゲート大阪 2023年5月 06
建設地の北側 うめきた広場から撮影
イノゲート大阪 2023年5月 07
建設地の北東側から撮影
左側がJPタワー大阪、右側がグラングリーン大阪の南街区
イノゲート大阪 2023年5月 08
建設地の東側から撮影
サイドから見るとかなり細いビルなのが分かる
イノゲート大阪 2023年5月 09
建設地の南東側から撮影
南面の一部はグレーの外壁となる

物件概要

名称イノゲート大阪
計画名:大阪駅西高架エリア開発 / (仮称)大阪駅西北ビル開発事業
所在地大阪市北区梅田3丁目1番3号
用途駅施設・事務所・物販店舗・飲食店舗
敷地面積全体 19,859.86㎡
建築面積(申請)3,690.46㎡ (申請以外)15,322.19㎡ (全体)19,012.65㎡
延床面積(申請)60,207.30㎡ (申請以外)16,133.98㎡ (全体)76,341.28㎡
容積率対象面積(申請)58,012.14㎡ (申請以外)16,133.98㎡ (全体)74,146.12㎡
高さ121.6m (申請以外)7.7m
階数(申請)地上23階・地下1階・塔屋1階 (申請以外)地上1階・地下1階
構造S造 一部SRC造 (申請以外)S+RC造
建築主西日本旅客鉄道株式会社、大阪ターミナルビル株式会社
設計者西日本旅客鉄道株式会社一級建築士事務所
施工株式会社大林組大阪本店
着工2021年(令和3年)2月末日
竣工予定2024年(令和6年)6月末日

イノゲート大阪 建築計画のお知らせ
イノゲート大阪 建築計画のお知らせ
イノゲート大阪 立面図
イノゲート大阪 立面図

地図

建設場所はJR大阪駅の北西側。ノースゲートビルディングと大阪ステーションシティ駐車場の間に位置する。JR大阪駅西口改札を通じて南側のJPタワー大阪および北側のうめきた(大阪)駅方面に接続する。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました