スポンサーリンク

【梅田】2019年7月に増築が完了した大阪ステーションシティ駐車場

大阪市北区大深町の大阪ステーションシティ駐車場・駐輪場を7階建てから13階建てへと増築し、駐車場とオフィス部分を追加する(仮称)大阪駅新北ビル別棟駐車場。建物自体は2011年に大阪ステーションシティが開業した時に建設された駐車場施設で、当初から高層階が工事途中のまま放置されたような外観をしていた。完成後の規模は地上13階建て、高さ44.785m、延床面積35,501.05㎡、工事は2019年7月に完了した。

建物外観(2020年12月撮影)

大阪ステーションシティ駐車場 2020年12月 01
建物北西側から撮影
既存部分と違和感なく増築が完了している
大阪ステーションシティ駐車場 2020年12月 02
建物北側から撮影
立体駐車場と事務所部分からなる巨大な建築物となった
大阪ステーションシティ駐車場 2020年12月 03
建物北東側から撮影
手前ではJR大阪駅新北ビル(大阪駅西高架エリア開発)が進行中
大阪ステーションシティ駐車場 2020年12月 05
建物南東側から撮影
大阪ステーションシティ駐車場 2020年12月 04
梅田スカイビルから俯瞰撮影
周辺ではうめきた2期やJR東海道支線の地下化工事が進んでいる
大阪ステーションシティ駐車場 増築前
増築前の様子(2012年撮影)
骨組みが露出した工事途中のような状態が長年続いていた

物件概要

名称大阪ステーションシティ駐車場・駐輪場
計画名:(仮称)大阪駅新北ビル別棟駐車場
所在地地名地番:大阪市北区大深町19-10の一部、梅田三丁目141-1の一部
用途自動車車庫(駐車場)・事務所
敷地面積7,121.21㎡
建築面積(計画部分)2.55㎡ (既存部分)2,907.82 (合計) 2,910.37㎡
延床面積(計画部分)15,790.79㎡ (既存部分)19,710.26㎡ (合計)35,501.05㎡
容積率対象面積(計画部分)12,6332.63㎡ (既存部分)15,768.21㎡ (合計)28,400.84㎡
高さ44.785m
階数地上13階
構造鉄骨造
建築主大阪ターミナルビル株式会社、西日本旅客鉄道株式会社
設計者ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社一級建築士事務所
施工大阪ステーションシティ駐車場棟増築他工事特定建設工事共同企業体(大林組他)
着工2018年(平成30年)4月1日
竣工2019年(令和元年)7月31日

地図

場所はJR大阪駅の北西側。駅ビル(ノースゲートビルディング)からデッキを経由して連結されていたが、大阪駅西高架エリア開発の進捗に伴いデッキが閉鎖。現在は地上を歩いていく必要がある。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました