スポンサーリンク

【梅田】JR西日本 大阪駅(うめきたエリア)の建設状況 2023年5月

西日本旅客鉄道(JR西日本)が大阪市北区大深町の旧梅田貨物駅跡地に建設中の大阪駅(うめきたエリア)グラングリーン大阪(うめきた2期)の南東側に設置されるJR大阪駅の新駅舎で、将来的には2031年春開業に向けて建設が進むなにわ筋線が乗り入れる計画。規模は地上3階建て、高さ20.3m、延床面積9,218.02㎡(店舗面積約3,750㎡)、2024年夏頃の一部供用開始、2025年春の全面開業を予定している。

位置図

設置場所はJR大阪駅の北西側、グラングリーン大阪(うめきた2期)開発エリアの南東端に位置する。道路を挟んだ南側には新駅ビルとなるイノゲート大阪が建設中で、新設されたうめきた地下口と連絡通路により接続される。

JR大阪駅(うめきたエリア) 導線図
JR大阪駅(うめきたエリア) 導線図

引用元:大阪駅(うめきたエリア)開業に伴うアクセス【JR西日本】

完成イメージ図

大阪駅(うめきたエリア)の地上部分には大阪駅周辺のターミナル機能を向上させる駅前広場を整備。駅前広場の隣接部には3階建ての新駅ビルを建設し、JR大阪駅方面と連絡デッキで結ぶことで、グラングリーン大阪(うめきた2期エリア)の玄関口として回遊性の向上や賑わいの創出に貢献する。

JR大阪駅(うめきたエリア) 完成イメージ図
うめきた(大阪)駅 完成イメージ図

地下部分では「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する未来駅として、「『あなた』が笑顔になる駅」をコンセプトに、デジタル技術を活用したインタラクティブな空間や、One to Oneのデジタル案内、フルスクリーンホームドアなど、様々な技術やサービスを新たに導入する。

JR大阪駅(うめきたエリア) コンコース 完成イメージ図
うめきた(大阪)駅 コンコース 完成イメージ図
JR大阪駅(うめきたエリア) ホーム 完成イメージ図
うめきた(大阪)駅 ホーム 完成イメージ図

引用元:うめきた(大阪)駅がさらに進化します【JR西日本】

JR WEST LABO

JR西日本は大阪駅(うめきたエリア)をイノベーションの実験場「JR WEST LABO」の中心と位置付け、様々なパートナーとの共創により新たな価値創造を推進するとともに、経営課題や社会課題を解決する最先端の技術を社会に発信し続け、脱炭素社会の実現、SDGsの達成に貢献するとしている。

JR大阪駅(うめきたエリア) JR WEST LABO イメージ
JR WEST LABO コンセプトイメージ

引用元:うめきた(大阪)駅がさらに進化します【JR西日本】

現地の様子(2023年5月)

JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 01
建設地の南東側から撮影
バックではグラングリーン大阪 南街区の建設工事が進む
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 02
建設地の東側から撮影
JR大阪駅側とを結ぶデッキの一部が姿を表している
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 03
建設地の東側から撮影
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 05
グランフロント大阪北館から建設地を俯瞰
(仮称)うめきた公園の大屋根イベントスペースの建設が進む
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 04
建設地の南西側から俯瞰
地上駅舎の建設工事はまだ始まったばかり
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 19
JR大阪駅ノースゲートビルの北西端
連絡デッキの工事がスタートしているようだ
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 06
新駅舎の施工は大鉄工業が担当している

うめきた地下口(2023年5月)

JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 07
2023年3月18日に開業したうめきた地下口への仮設歩道
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 08
うめきた地下口のエントランス
新駅舎整備までの仮設の建屋だと思われる
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 09
コンコースの様子
天井の照明が近未来的な雰囲気
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 14
券売機の様子
AIを活用した案内端末が設置されている
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 12
ホーム案内もデジタルサイネージ化されている
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 13
トイレの空き状況を表示するサイネージ
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 10
水景を映し出す大型ビジョン
映像のテーマは「FANTASY AQUARIUM」
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 11
アクアデザインアマノ(ADA)の作品を映像化している
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 16
グランフロント大阪方面への連絡通路
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 15
最先端技術を取り入れた顔認証改札
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 17
うめきた地下口と大阪駅西口を結ぶ地下連絡通路
改札内だが無料で通行が可能
JR大阪駅(うめきたエリア) 2023年5月 18
新設された大阪駅西口改札

物件概要

名称大阪駅(うめきたエリア)
計画名:西口広場整備事業
所在地地名地番:大阪市北区大深町1番39の一部、210番の一部
住居表示:大阪市北区大深町 以下未定
用途駅舎・飲食店舗・物販店舗
敷地面積12,493.78㎡
建築面積4,293.33㎡
延床面積9,218.02㎡
容積率対象面積8,339.27㎡
高さ20.30m
階数地上3階・地下1階
構造S造
建築主西日本旅客鉄道株式会社
設計者西日本旅客鉄道株式会社一級建築士事務所
施工大鉄工業株式会社
着工2023年12月15日
竣工予定2024年(令和6年)夏頃 一部供用開始
2025年(令和7年)3月31日 全面開業(商業施設を含む)

JR大阪駅 うめきた(大阪)駅 西口広場整備事業 建築計画のお知らせ
うめきた(大阪)駅 建築計画のお知らせ
JR大阪駅 うめきた(大阪)駅 西口広場整備事業 立面図
うめきた(大阪)駅 立面図

地図

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました