スポンサーリンク

【本町】アーバンネット御堂筋ビルの建設状況 2022年6月

NTT都市開発が大阪市中央区淡路町4丁目のUD御堂筋ビルおよびアネックスビル跡地に建設中のアーバンネット御堂筋ビル。低層部に店舗や多目的ホールを併設する高層オフィスビルで、規模は地上21階建て、高さ100.0m、延床面積42,362.02㎡、2023年12月の竣工を予定している。

完成イメージ図

アーバンネット御堂筋ビル 完成イメージ図 01
アーバンネット御堂筋ビル 完成イメージ図

御堂筋の都市景観に合わせ、高さ50m付近でアースカラーの低層部とガラスカーテンウォールの高層部に分かれる外観デザイン。

アーバンネット御堂筋ビル 完成イメージ図 02
ファサードのイメージ

端正な天然石を基壇部から内壁まで設えた街との連続感のあるエントランス。御堂筋の銀杏並木とつながる敷地外周部の並木が心地良い木漏れ日で人々を包み込む。

アーバンネット御堂筋ビル 完成イメージ図 03
ビルエントランスのイメージ

御堂筋に⾯したビルエントランス・店舗は最大7店舗を揃え、カルチャー・トレンドの発信拠点となる。

アーバンネット御堂筋ビル 完成イメージ図 04
ルーフトップテラスのイメージ

最上部には御堂筋を⼀望するテナント専⽤のルーフトップテラスを設置。

引用元:アーバンネット御堂筋ビル【NTT都市開発】

フロア構成

アーバンネット御堂筋ビル フロア構成図
アーバンネット御堂筋ビル フロア構成図

フロア構成は1階がビルエントランス・店舗、2階がオフィスロビー、3階が多目的ホール、4階~20階が基準階面積400坪超のテナントオフィス、屋上がルーフトップテラスとなる。地下には自走式の駐車場(平置き41台、2段式46台、車寄せ)が設置される。

現地の様子(2022年6月)

アーバンネット御堂筋ビル 2022年6月 03
建設地の北東側から撮影
1本のタワークレーンで工事が進む
アーバンネット御堂筋ビル 2022年6月 04
建設地の北西側から撮影
取材時点で3階程度まで工事が進んでいた
アーバンネット御堂筋ビル 2022年6月 05
建設地の南西側から撮影
アーバンネット御堂筋ビル 2022年6月 02
建設地の東側から撮影
御堂筋のイチョウ並木が爽やかな雰囲気
アーバンネット御堂筋ビル 2022年6月 01
建設地の南東側から撮影
北側にオービック御堂筋ビル(25階建て・高さ116m)が建つ
UD御堂筋ビル (旧パソナグループビル) 2019年9月 01
解体前のUD御堂筋ビル(2019年9月撮影)

物件概要

名称アーバンネット御堂筋ビル
計画名:(仮称)御堂筋淡路町ビル 新築工事
所在地地名地番:大阪市中央区淡路町四丁目30番2の一部
住居表示:大阪市中央区淡路町四丁目
用途事務所、店舗、集会場、駐車場
敷地面積2,770.88㎡
建築面積2,235.77㎡
延床面積42,362.02㎡
容積率対象面積35,968.31㎡
高さ100.0m
階数地上21階・地下2階・塔屋1階
構造S造(CFT構造)、一部SRC・RC造
建築主エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
設計者鹿島建設株式会社関西支店
施工鹿島建設株式会社関西支店
着工2021年(令和3年)7月1日
竣工予定2023年(令和5年)12月

アーバンネット御堂筋ビル 建築計画のお知らせ 02
アーバンネット御堂筋ビル 建築計画のお知らせ
アーバンネット御堂筋ビル 立面図
アーバンネット御堂筋ビル 立面図

地図

建設場所は大阪のメインストリート 御堂筋の淡路町3交差点南西角。周辺は大阪を代表するビジネス街で、最近は規制緩和により老朽ビルの建替えが活発化している。最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線の本町駅で、2番出口から徒歩3分。大阪メトロ御堂筋線・京阪電鉄の淀屋橋駅からも徒歩4分ほどの距離。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました