スポンサーリンク

【心斎橋】(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎の建設状況 2021年2月

大阪市中央区西心斎橋2丁目にあった大韓民国総領事館(駐大阪大韓民国総領事館)を建て替える(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎新築工事。韓国総領事館は今回の建替えに伴い、大阪市中央区久太郎町2丁目の五味ビルに仮移転している。規模は地上11階建て、高さ40.70m、延床面積4,773.58㎡、2022年5月の竣工を予定している。当初は2020年10月の竣工を予定していたが着工が延期された。

現地の様子(2021年2月)

(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎新築工事 2021年2月 02
建設地の北東側から撮影
まだ外側から進捗状況を見ることはできない
(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎新築工事 2021年2月 01
建設地の東側正面から撮影
地下部分のコンクリート打設工事が行われている
(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎新築工事 2021年2月 03
現地の看板を撮影
施工は前田建設工業が担当している

物件概要

名称計画名:(仮称)駐大阪大韓民国総領事館庁舎新築工事
所在地地名地番:大阪市中央区西心斎橋2-12-8
住居表示:大阪市中央区西心斎橋2-3-4
用途事務所
敷地面積518.66㎡
建築面積437.88㎡
延床面積4,773.58㎡
容積率対象面積
高さ40.70m
階数地上11階・地下2階
構造鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主大韓民国総領事館(駐大阪大韓民国総領事館)
設計者CHANG-JO ARCHITECTS (※当初計画では株式会社日企設計)
施工前田建設工業株式会社 関西支店
着工2020年(令和2年)3月15日 (※当初計画 2018年4月15日)
竣工予定2022年(令和4年)5月13日 (※当初計画 2020年10月31日)

地図

建設場所は御堂筋三津寺町交差点の南西側。大阪を代表する繁華街の心斎橋エリアに位置し、南側にはグリコサインで有名な道頓堀商店街がある。最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・四つ橋線・千日前線の難波駅および近鉄線・阪神線の大阪難波駅で、25番出口から北へ徒歩2~3分。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました