スポンサーリンク

【心斎橋】2020年1月に開業したルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋

ルイ・ヴィトン・ジャパンが大阪市中央区心斎橋筋2丁目の仮設店舗跡地に建設したルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋。同社の路面店としては国内最大の店舗で、店内ではヴィトン製品をフルラインナップで展開、さらにカフェ&レストランを併設する世界初の店舗となった。帆船のような外装ファサードは青木淳氏、内装はピーター・マリノ氏が手掛けた。規模は地上7階建て、高さ36.55m、延床面積4,182.22㎡、2019年11月に竣工、2020年2月1日にオープンした。

完成イメージ図

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 完成イメージ図
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 完成イメージ図

菱垣廻船に着想を得たという帆をイメージしたファブリック調の外装ファサードは2枚のガラスで構成。昼間は店内に柔らかな光を取り込むと共に、夜間は内部から美しくライトアップされる。店内にはルイ・ヴィトン初となるカフェ「LE CAFE V (ル・カフェ・ヴィー)」と紹介制レストラン「SUGALABO V (スガラボ・ヴィー)」がある。

建物外観(2021年2月撮影)

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 01
建物南西側から撮影
風を受けて膨らんだ帆のような独特の外観
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 02
建物西側正面から撮影
北隣にはプラダ大阪心斎橋店が建っている
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 03
建物北西側から撮影
個性的な建築物が多い御堂筋でも異彩を放つ
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 04
エントランス付近の様子
ショーウィンドウのカラフルなアートワークが目を引く
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 05
ファサードは一見すると布のように見える
実際はガラスにファブリック模様がプリントされたもの
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 06
建物南側から見上げる
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 2021年2月 07
建物頂部に設置されたルイ・ヴィトンのロゴ
右上の部分が屋上のカフェテラスになっている
ヒューリック 心斎橋PJ 2017年7月 01
移転前の心斎橋店があった心斎橋プラザビル本館

物件概要

名称ルイ・ヴィトン・メゾン 大阪御堂筋
計画名:(仮称)大阪Mプロジェクト
所在地大阪市中央区心斎橋筋2-8-16
用途物販店舗・飲食店・展示場・駐車場
敷地面積748.77㎡
建築面積640.77㎡
延床面積4,182.22㎡
容積率対象面積3,814.77㎡
高さ36.55m
階数地上7階・地下1階
構造鉄骨造
建築主ルイ・ヴィトン・ジャパン株式会社
設計者大成建設株式会社 一級建築士事務所
施工大成建設株式会社 関西支店
着工2018年(平成30年)6月1日
竣工2019年(令和元年)11月15日
開業2020年(令和2年)2月1日

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 建築計画のお知らせ
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 建築計画のお知らせ

地図

場所は大阪のメインストリート 御堂筋の御堂筋八幡町交差点北東角。元々みずほ銀行心斎橋支店があった場所で、ルイ・ヴィトンが取得後は仮設店舗として活用されていた。最寄り駅は最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線の心斎橋駅で、大丸心斎橋店と繋がる4B出口から徒歩3~4分の距離。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました