スポンサーリンク

【長堀橋】Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ)の建設状況 2022年6月

寶田が大阪市中央区南船場2丁目の丸ヨ運輸倉庫本社跡地に建設中のCuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ)。日本初のシャンパンをコンセプトとするホテルで、運営は温故知新(okcs)が行う。規模は地上14階建て、延床面積891.34㎡、客室数15室、当初は2022年秋の開業を予定していたが、2023年に延期することが発表された。

完成イメージ図

Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 完成イメージ図
Cuvee J2 Hotel Osaka 外観イメージ
Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 客室イメージ図 01
客室のイメージ1
Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 客室イメージ図 02
客室のイメージ2

引用元:Cuvée J2 Hôtel Osaka | シャンパンホテル 大阪

「シャンパーニュ文化の伝え手となるホテル」をコンセプトに、シャンパーニュ業界のパイオニアであり、シャンパーニュ騎士団オフィシエでもあるシニアソムリエ、山本一人氏が複数の名門メゾンにコラボレーションを働きかけて実現した。ホテルの建築設計は小川晋一氏が手掛ける。

客室数は3階に1室、4~6階に各2室、7~14階に各1室の全15室。客室はそれぞれ「テタンジェ」や「ジャクソン」などの生産者とのコラボによって造り上げられ、それぞれの世界観に浸ることができる。また各部屋には半露天風呂を備える。

現地の様子(2022年6月)

Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 2022年6月 01
建設地の南東側から撮影
前回の取材時から特に変化は見られなかった
Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 2022年6月 02
建設地の東側から撮影
足場のみ組み上がっている
Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 2022年6月 03
建設地の北東側から撮影
完成後の形状が想像できる状態
Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ) 2022年6月 04
設置されていた看板は全て撤去されていた
再開時に施工会社が変更される可能性がある

物件概要

名称Cuvee J2 Hotel Osaka (キュヴェ・ジェイツー・ホテル オオサカ)
計画名:大阪ホテルプロジェクト新築工事
所在地地名地番:大阪府大阪市中央区南船場2-15-2
住居表示:大阪府大阪市中央区南船場2-6
用途ホテル
敷地面積156.06㎡
建築面積84.71㎡
延床面積891.34㎡
容積率対象面積
高さ
階数地上14階
構造鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
建築主寶田株式会社
設計者株式会社小川晋一都市建築設計事務所
施工規工川建設株式会社
着工2019年(令和元)12月13日 ※当初計画
竣工予定2021年(令和3年)1月31日 ※当初計画
開業予定2023年(令5年)

地図

建設場所は堺筋と長堀通の長堀橋交差点から北西へ約100m。最寄り駅は大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線の長堀橋駅で、2B出口から徒歩1~2分。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました