スポンサーリンク

【堺筋本町】ローレルタワー堺筋本町の建設状況 2021年2月

近鉄不動産、名鉄不動産、総合地所の3社が大阪市中央区久太郎町2丁目のプロルート丸光大阪本店跡地に建設中のローレルタワー堺筋本町。塀と門を備えた庭園邸宅をコンセプトとする超高層分譲タワーマンションで、規模は地上44階建て、高さ153m、延床面積52,191.91㎡、総戸数511戸、2024年3月の竣工を予定している。

完成イメージ図

ローレルタワー堺筋本町 完成イメージ図
ローレルタワー堺筋本町 完成イメージ図

引用元:【公式】ローレルタワー堺筋本町

「ゲーテッドガーデン 庭園邸宅構想」をコンセプトに、建物の周りを塀で囲い、四季折々の植栽が彩るプライベートガーデンを配置する。外観は明るいブラウンをベースに、コーナー部分にガラス窓を配置する。また入り組むように配置された縦のラインが特徴となっている。

現地の様子(2021年2月)

ローレルタワー堺筋本町 2021年2月 01
堺筋沿い 建設地の南東側から撮影
北隣に白色の船場ダイヤモンドビルが建っている
ローレルタワー堺筋本町 2021年2月 02
建設地の南西側から撮影
基礎部分の工事がスタートしている
ローレルタワー堺筋本町 2021年2月 03
建設地の北西側から撮影
ローレルタワー堺筋本町 2021年2月 04
建設地の西側から撮影
「塀と門で囲まれたプライベートガーデン」のフレーズがある
(仮称)中央区久太郎町PJ プロルート丸光 大阪本店跡地 2019年9月 01
解体中のプロルート丸光大阪本店(2019年9月撮影)
大阪経済を支えた繊維の街も徐々にその姿を変えていく

物件概要

名称 ローレルタワー堺筋本町
計画名:(仮称)中央区久太郎町PJ
所在地 地名地番:大阪市中央区久太郎町二丁目35番の一部
住居表示:大阪市中央区久太郎町二丁目
用途 共同住宅(分譲)
敷地面積 3,141.68㎡
建築面積 1,491.25㎡
延床面積 52,191.91㎡
容積率対象面積 37,557.14㎡
高さ 153.00m
階数 地上44階・地下1階
構造 鉄筋コンクリート造
建築主 近鉄不動産株式会社・名鉄不動産株式会社・総合地所株式会社
設計者 株式会社長谷工コーポレーション 大阪エンジニアリング事業部
施工 株式会社長谷工コーポレーション
着工 2020年(令和2年)9月30日
竣工予定 2024年(令和6年)3月31日

ローレルタワー堺筋本町 建築計画のお知らせ
ローレルタワー堺筋本町 建築計画のお知らせ

地図

建設場所はは中央大通と堺筋が交差する久太郎町1交差点の南西側区画の南半分。古くから商都大阪の中心として栄えた船場地区に位置し、周辺には衣料の卸売関連の企業が多い。最寄り駅は大阪メトロ中央線・堺筋線の堺筋本町駅で、10番出口から徒歩すぐ。周辺ではオフィスビル等の跡地に超高層タワーマンションが建つ事例が増えている。

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました