スポンサーリンク

【長堀橋】大阪厚生信用金庫新本店ビルの建設状況 2021年10月

大阪厚生信用金庫が大阪市中央区島之内1丁目のアルテビル長堀橋跡地(南側半分)に建設中の大阪厚生信用金庫新本店ビル。 大阪厚生信用金庫は大阪市中央区日本橋に本店を構える1922年創業の信用金庫で、創業100周年を迎えようという記念すべきタイミングで新本店への移転を計画している。規模は地上14階建て、高さ79.810m、延床面積14,405.67㎡、2021年11月の竣工を予定している。

完成イメージ図

大阪厚生信用金庫新本店ビル 立面図
大阪厚生信用金庫新本店ビル 立面図

引用元:現地看板より

本記事の執筆時点で公式より完成予想パース等は公開されていない。

現地の様子(2021年10月)

大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 01
建設地の南西側から撮影
最上部まで到達し最終仕上げが行われていた
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 02
建設地の西側正面から撮影
レンガ調の外壁が高層部まで取り付けられている
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 03
建設地の北西側から撮影
北東側にカスタリアタワー長堀橋(28階建て・高さ93m)が建つ
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 04
低層部の様子
銀行建築らしい重厚なデザインになりそうだ
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 05
建設地の南東側から撮影
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 06
建設地の北東側から撮影
2棟のタワマンと合わせてトリプルタワーのように見える
右:ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH(36階建て・高さ125m)
中央:ブランズタワー・ウェリス心斎橋SOUTH(30階建て・高さ98m)
大阪厚生信用金庫新本店ビル 2021年10月 07
建設地の北西側から撮影
アルテビル長堀橋跡地の北側半分はニトリが取得しており、
将来的に店舗が建設される可能性がある

物件概要

名称 大阪厚生信用金庫新本店ビル
所在地 地名地番:大阪市中央区島之内一丁目3番13
住居表示:大阪市中央区島之内一丁目
用途 事務所
敷地面積 1,488.59㎡
建築面積 982.39㎡
延床面積 14,405.67㎡
容積率対象面積 11,937.25㎡
高さ 79.810m
階数 地上14階・地下2階・塔屋2階
構造 S造・一部SRC造・RC造
建築主 大阪厚生信用金庫
設計者 株式会社大林組 大阪本店一級建築士事務所
施工 株式会社大林組 大阪本店
着工 2019年(令和元年)7月1日
竣工予定 2021年(令和3年)11月30日

大阪厚生信用金庫新本店ビル 建築計画のお知らせ 02
大阪厚生信用金庫新本店ビル 建築計画のお知らせ

地図

建設場所は堺筋の南郵便局前交差点の北東角。長堀通と交差する長堀橋交差点からも南へ約150mという好立地。周辺は古くからのオフィスが中心となっているが、近年はタワーマンションの建設も増えている。西側一帯には大阪を代表する繁華街の心斎橋の繁華街が広がる。最寄り駅は大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線の長堀橋駅で、竣工時には6番出口と直結される。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました