スポンサーリンク

【北浜】2020年10月に開業したホテルリソルトリニティ大阪

大和ハウス工業が大阪市中央区高麗橋2丁目に建設したホテルリソルトリニティ大阪。懐石料理店を運営する吉兆グループの高級料亭「高麗橋吉兆本店」の再開発敷地の約8割を大和ハウス工業が取得し建設したビルに、全国11ヶ所でホテルを展開するリソルホテルが「ホテルリソルトリニティ」ブランドで進出した。規模は13階建て、高さ48.00m、延床面積6,339.73㎡、客室数224室、2020年3月に竣工、2020年10月1日に開業した。

完成イメージ図

(仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト (ホテルリソルトリニティ) 完成イメージ図
(仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト 完成イメージ図

引用元:『(仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト』 1 月着工予定【リソルホールディングス株式会社】

ホテルのコンセプトは昔ながらの日本人の美学として語られている「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」。暗さを美しく繊細に表現し、余韻を楽しむという大人の文化を演出する。

現地の様子(2019年9月)

ホテルリソルトリニティ大阪 2021年2月 01
高麗橋筋 建物北側から撮影
低層部に和のイメージを取り入れた外観
左側の黄色い建物が新しい高麗橋吉兆本店
ホテルリソルトリニティ大阪 2021年2月 02
エントランスの様子
美しい石畳がホテルの宿泊者を迎え入れる
ホテルリソルトリニティ大阪 2021年2月 03
ホテルのエントランス
民家のようなデザインが個性的
高麗橋吉兆本店 2021年2月 01
2019年7月26日に開業した高麗橋吉兆本店
土壁のような色合いは以前の建物を引き継いでいるようだ
高麗橋吉兆本店 2021年2月 02
高麗橋吉兆本店の玄関
ホテルリソルトリニティ大阪 2021年2月 04
建物南西側から撮影
立地の関係で建物の全体像を捉えるのは難しい
左側の建物は日本基督教団浪花教会
ホテルリソルトリニティ大阪 2021年2月 05
三休橋筋 建物北西側から撮影
手前の建物は旧大阪教育生命保険ビル(オペラ・ドメーヌ高麗橋)

物件概要

名称 ホテルリソルトリニティ大阪
計画名:(仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト
所在地 大阪府大阪市中央区高麗橋2-6-6
用途 ホテル、飲食店舗
敷地面積 1,033.02㎡
建築面積 614.34㎡
延床面積 6,339.73㎡
容積率対象面積 6,174.62㎡
高さ 48.00m
階数 地上13階
構造 鉄骨造
建築主 大和ハウス工業株式会社
設計者 大和ハウス工業株式会社 流通一級建築士事務所
施工 大和ハウス工業株式会社
着工 2019年(平成31年)1月10日
竣工 2020年(令和2年)3月31日
開業 2020年(令和2年)10月1日

(仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト (ホテルリソルトリニティ) 建築計画のお知らせ
ホテルリソルトリニティ大阪 建築計画のお知らせ

地図

建設場所は堺筋の高麗橋1交差点から西へ約200m。北側は高麗橋筋に面しており、西側には綿業会館などのレトロな近代建築が建ち並ぶ三休橋筋が通る。最寄り駅は大阪メトロ堺筋線・京阪電鉄の北浜駅、および大阪メトロ御堂筋線・京阪電鉄の淀屋橋駅で、いずれの駅からも3~4分程度の距離となっている。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました