スポンサーリンク

【淡路】2022年5月に竣工したローレルスクエアOSAKA LINK

近鉄不動産、オーエス、アートプランニングの3社が大阪市東淀川区下新庄3丁目の旧参天製薬本社跡地に建設したローレルスクエアOSAKA LINK。エリア最大級の戸数を誇る1LDK+F~4LDKの大型分譲マンションで、規模は地上14階て、高さ42.02m、延床面積29,700.20㎡、総戸数393戸、2022年5月に竣工、同年7月より入居を開始した。

完成イメージ図

建物はノーステラス(A棟)センターテラス(B棟)ブライトテラス(C棟)の3棟で構成される。中央にはワイドなガラスファサードによる美術館のような門構えが特徴的なグランドエントランスを配置。外観はマリオンの縦ラインと水平ラインによるグリッドデザインを採用。 淡いベージュを基調とした外壁タイルと、2色のガラス手摺りにより、シックかつスタイリッシュな雰囲気を演出する。

ローレルスクエアOSAKA LINK 完成イメージ図 01
ローレルスクエアOSAKA LINK 完成イメージ図
ローレルスクエアOSAKA LINK 完成イメージ図 02
ローレルスクエアOSAKA LINK 3棟の構成図

引用元:【公式】ローレルスクエアOSAKA LINK

建物外観(2022年12月撮影)

ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 01
3棟全体を北東側から撮影
敷地内には大きな平面駐車場を完備
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 02
ノーステラス(A棟)を北西側から撮影
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 04
ノーステラス(A棟)を西側から撮影
ガラス手摺のバルコニーが美しい
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 03
敷地西側に沿って配置された公開空地の様子
丁寧に植樹が行われている
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 06
センターテラス(B棟)を南西側から撮影
ノーステラス(A棟)とはL字型に配置される
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 05
グランドエントランスの様子
石張りの門柱が豪華な雰囲気を演出している
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 07
ブライトテラス(C棟)を北西側から撮影
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 08
ブライトテラス(C棟)を南西側から撮影
敷地の南側全体に沿うように建設されている
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 09
ブライトテラス(C棟)を南側から撮影
2色のバルコニーが精悍な印象
ローレルスクエアOSAKA LINK 2023年1月 10
ブライトテラス(C棟)を南東側から撮影
東面は階段状のデザインになっている

物件概要

名称ローレルスクエアOSAKA LINK
計画名:(仮称)東淀川区下新庄三丁目PJ
所在地大阪市東淀川区下新庄3丁目9-5
用途共同住宅
敷地面積13,788.13㎡ (建築計画では13,696.80㎡)
建築面積3,730.26㎡ (建築計画では3,716.12㎡)
延床面積29,713.52㎡ (建築計画では29,700.20㎡)
容積率対象面積27,393.40㎡
高さ42.02m
階数地上14階
構造鉄筋コンクリート造
建築主近鉄不動産株式会社・オーエス株式会社・アートプランニング株式会社
設計者株式会社長谷工コーポレーション
施工株式会社長谷工コーポレーション
着工2020年(令和2年)9月中旬
竣工2022年(令和4年)5月30日

ローレルスクエアOSAKA LINK 建築計画のお知らせ
ローレルスクエアOSAKA LINK 建築計画のお知らせ
ローレルスクエアOSAKA LINK 立面図
ローレルスクエアOSAKA LINK 立面図

地図

場所は下新庄3丁目の阪急線と東海道新幹線の線路に囲まれたエリアに位置する。アクセスは阪急千里線の下新庄駅から徒歩4分、JRおおさか東線のJR淡路駅から徒歩6分、阪急京都線・千里線の淡路駅から徒歩10分。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました