スポンサーリンク

【三宮】2020年9月に新築開業した日新信用金庫神戸支店

日新信用金庫が神戸市中央区小野柄通5丁目に建設した日新信用金庫神戸支店。同地あった旧神戸支店を解体・新築したもので、規模は地上8階建て、延床面積2,370㎡、2020年8月に竣工、同年9月に開業した。

完成イメージ図

日新信用金庫神戸支店 完成イメージ図
日新信用金庫 神戸支店 完成イメージ図

引用元:(仮称)日新信用金庫神戸支店【CASBEE】

新支店は旧店舗の約2.3倍の面積に拡張。北面のファサードはアルミカーテンウォールを採用したガラス張りで、最新のオフィスビルらしい外観。顧客対応ロビーを2階に配置、セミナー用の大会議室なども備える。また停電時の非常用発電機も完備している。

建物外観(2021年5月撮影)

日新信用金庫神戸支店 2021年5月 01
建物北西側から撮影
シンプルながらスタイリッシュなオフィスビル
日新信用金庫神戸支店 2021年5月 02
建物北側正面から撮影
ガラス張りが美しいファサード
日新信用金庫神戸支店 2021年5月 03
建物北東側から撮影
新オフィスの誕生で中央幹線沿いの景観が向上した

物件概要

名称日新信用金庫神戸支店
所在地神戸市中央区小野柄通5-1-16
用途事務所
敷地面積331㎡
建築面積297㎡
延床面積2,370㎡
容積率対象面積
高さ
階数地上8階
構造鉄骨造
建築主日新信用金庫
設計者安井建築設計事務所
施工株式会社明和工務店
着工2019年(平成31年)4月
竣工2020年(令和2年)8月
開業2020年(令和2年)9月

地図

場所は中央幹線の三宮東交差点から東へ約90m。神戸の中心地である三宮ターミナルのすぐ東側に位置する。中央幹線を挟んだ北側の雲井通5・6丁目エリアでは新バスターミナルを核とした大型再開発が計画されており、将来大きな変化が期待されいるエリア。

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました