スポンサーリンク

【難波】2019年12月に開業したホテルロイヤルクラシック大阪 (大阪新歌舞伎座跡地)

結婚式場のベルクラシック等を運営する冠婚葬祭大手のベルコが大阪市中央区難波4丁目の新歌舞伎座跡地に建設したホテルロイヤルクラシック大阪。村野藤吾の設計による旧新歌舞伎座の外観を継承しながら隈研吾が高層建築としてリファイン。パブリックスペースに100点を超すアート作品を展示するミュージアムホテルとなる。規模は地上19階建て、高さ84.025m、延床面積26,493.58㎡、総客室数150室。2019年7月に竣工、同年12月1日に開業した。

完成イメージ図

ホテルロイヤルクラシック大阪 完成イメージ
ホテルロイヤルクラシック大阪 完成イメージ図
ホテルロイヤルクラシック大阪 完成イメージ 02
チャペルおよびバンケットルームのイメージ
ホテルロイヤルクラシック大阪 ロゴ
ホテルロイヤルクラシック大阪 ロゴマーク

引用元:株式会社ベルコ プレスリリース 2016年4月1日付

デザインは「時を、つなぐ。」をコンセプトに、難波の街で親しまれてきた新歌舞伎座の外観を保存し、文化と伝統を継ぐランドマークを目指す。また村野藤吾による新歌舞伎座の唐破風(からはふ)と、隈研吾によるアルミフィンを組み合わせたダイナミックなデザインのロゴマークを採用した。

フロアマップ

ホテルロイヤルクラシック大阪 フロアガイド
ホテルロイヤルクラシック大阪 フロアガイド

ホテル内には4つのカフェやレストランを設置。さらに最大400人が収容可能な大宴会場を5室、中宴会場を1室、小宴会場5室を各客室フロアに1室ずつ配置。全天候型の2つのチャペルは日本の伝統美を表現した内装tpなる。その他リラクゼーションサロンやコンビニエンスストアも館内に併設される。

建物外観(2021年2月撮影)

ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 01
建物南東側から撮影
歴史建築と洗練された高層部の組み合わせた外観
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 02
建物南西側から撮影
高層部のアルミフィンが日を受けて輝く
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 03
建物東側正面から撮影
和の高層ビルという稀有な存在感がある
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 04
旧新歌舞伎座の外観が再現された低層部
その再現度は相当なクオリティ
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 05
低層部を南東側から撮影
中間のガラス部分はチャペルになっている
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 06
低層部を北東側から撮影
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 07
再現された唐破風(からはふ)屋根
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 08
最上部の屋根風デザイン
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 09
建物正面から見上げる
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 10
御堂筋沿いにはカフェレストランがある
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 11
地下フロアから大阪メトロ難波駅に直結する
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 12
建物南側の様子
ホテルロイヤルクラシック大阪 2021年2月 13
建物の裏にある竣工記念碑

物件概要

名称 ホテルロイヤルクラシック大阪
計画名:(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
所在地 大阪府大阪市中央区難波4-3-3
用途 ホテル(宴会場・レストラン・ラウンジ・客室・駐車場)店舗
敷地面積 2,292.65㎡
建築面積 1,893.46㎡
延床面積 26,493.58㎡
容積率対象面積 22,348.55㎡
高さ 84.025m
階数 地上19階・地下1階
構造 S・RC・SRC
建築主 株式会社ベルコ
設計者 隈研吾建築都市設計事務所
施工 鹿島建設株式会社関西支店
着工 2016年(平成28年)6月1日
竣工予定 2019年(令和元年)7月15日
開業 2019年(令和元年)12月1日

ホテルロイヤルクラシック大阪 建築計画のお知らせ
ホテルロイヤルクラシック大阪 建築計画のお知らせ

地図

場所は御堂筋の西側。高島屋やマルイ等がある南海なんば駅ターミナルの目の前に位置する。少し西側の阪神高速道路および大阪市バスターミナルの地下には、なにわ筋線の南海新難波駅(仮称)ができる予定。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました