スポンサーリンク

【宝塚市】2020年6月に移転開業した宝塚ホテル

阪急電鉄が兵庫県宝塚市栄町1丁目の宝塚大劇場西駐車場跡地に建設した宝塚ホテル。1926年(大正15年)に開業し90年余に渡って営業を続けてきた旧宝塚ホテルを武庫川対岸に新築・移転したもので、規模は地上6階建て、高さ29.9m、延床面積約23,000㎡、客室数200室、2020年6月21日に開業した。

完成イメージ図

宝塚ホテル 完成イメージ図
宝塚ホテル 完成イメージ図

宝塚ホテルのコンセプトは「夢のつづき」。宝塚歌劇の夢のような時間の続きをホテルでも楽しんで頂きたいという思いが込められている。デザインコンセプトは宝塚の街の静けさと宝塚歌劇の華やかさをイメージした「CLASSIC ELEGANT」。ロビーや宴会場、レストランのカーペットやフロアの大理石の模様は、様々な花をデザインモチーフとし華やかさを表現。メインロビーの階段は宝塚ホテルの象徴でもある赤をアクセントカラーとして継承している。

宝塚ホテル ロゴマーク
宝塚ホテル ロゴマーク

シンボルマークは宝塚ホテルの象徴でもある切妻屋根に施されている植物モチーフのレリーフを優美な曲線で描き、エレガントなロゴマークで気品あるホテルとして印象づけている。

引用元:新しい宝塚ホテルのロゴマーク、コンセプトおよびレストラン・宴会場等の営業概要決定のお知らせ【阪急阪神ホテルズ】

建物外観&内観(2021年6月撮影)

宝塚ホテル 2021年6月 01
ホテル北側から撮影
旧建築の切妻屋根を継承するデザイン
宝塚ホテル 2021年6月 02
ホテル東側部分
まるで古くからある洋館のような雰囲気
宝塚ホテル 2021年6月 03
ホテル西側部分
西側に大宴会場と中宴会場がある
宝塚ホテル 2021年6月 04
ホテルメインエントランスの様子
宝塚ホテル 2021年6月 05
メインロビーの様子
宝塚大劇場を彷彿とさせる階段と赤絨毯
宝塚ホテル 2021年6月 06
大きなシャンデリアと壁画が目を引く
宝塚ホテル 2021年6月 07
2階ギャラリーには宝塚スターの衣装などを展示
宝塚ホテル 2021年6月 08
ホテル南側から撮影
デザインは北側と対称の造りとなっている
宝塚ホテル 2021年6月 09
ホテル南側の様子
バス駐車場および車寄せとなっている
宝塚大劇場 2021年6月
隣接する宝塚大劇場
全国から人々が訪れる宝塚のシンボル

物件概要

名称宝塚ホテル
計画名:(仮称)宝塚ホテル建設計画
所在地兵庫県宝塚市栄町1丁目1番33号
用途ホテル
敷地面積12,283.67㎡
建築面積
延床面積約23,000㎡
容積率対象面積
高さ29.9m
階数地上6階・地下1階
構造鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
建築主阪急電鉄株式会社
設計者株式会社日建設計
施工株式会社大林組
着工2018年(平成30年)4月2日
竣工2020年(令和2年)春
開業2020年(令和2年)6月21日

地図

場所は花のみち沿い、宝塚大劇場および宝塚バウホールの西側に位置する。西側に宝塚阪急、南側に武庫川が流れる。最寄り駅は阪急宝塚線の宝塚駅で、阪急出口(南側)から徒歩約4分、またJR宝塚線宝塚駅から徒歩約7分。

公式資料および関連サイトなど

宿泊予約

タイトルとURLをコピーしました