スポンサーリンク

【難波】センタラグランドホテル大阪の建設状況 2021年5月

センタラ・ホテル&リゾート、大成建設、関電不動産開発の3社で構成される「Centara Osaka 特定目的会社」がなんばパークス南側の駐車場跡地(ニッピ所有地)に建設中のセンタラグランドホテル大阪。タイのセンタラ・ホテル&リゾートが日本初進出、フィットネスセンターや多彩なレストラン、宴会施設等を備えるラグジュアリーホテルで、規模は地上34階建て、高さ141.56m、延床面積39,165.07㎡、客室数515室、2023年3月の竣工、同年半ばの開業を予定している。

完成イメージ図

(仮称)難波中二丁目開発計画A敷地 センタラ・ホテル&リゾート 完成イメージ図
センタラグランドホテル大阪 完成イメージ図

引用元:難波中二丁目における開発について【大成建設】

センタラグランドホテル大阪 完成イメージ図
なんばパークス側からの完成イメージ図

引用元:Central takes advantage of strong baht to extend holdings overseas

外観はシックなデザインの低層部、シンプルながらスタイリッシュな中層部、複雑で特徴的なデザインの高層部で構成、ハイエンドホテルに相応しいデザイン性の高い外観となる。

位置図

(仮称)難波中二丁目開発計画 全体俯瞰イメージ
(仮称)難波中二丁目開発計画 全体イメージ
(仮称)難波中二丁目開発計画A敷地 センタラ・ホテル&リゾート 敷地計画
本計画は敷地の約半分を使用
南側の敷地でも再開発が計画されている

引用元:当社なんば地区所有地の開発について 【ニッピ】

なんばパークスの南側およびヤマダ電機 LABI1なんばの東側に隣接する敷地で開発が進められている(仮称)難波中二丁目開発計画では、A敷地に本計画、B敷地に地上14階建て、高さ58.35mのオフィスビル、C敷地に地上9階建ての(仮称)ホテル京阪 なんば グランデの建設が計画されており、南海ターミナルビル近接ゾーンにおける都市機能の充実を図ると共に、「グレーターなんば」の創造に向けてエリア全体の魅力向上を目指している。

現地の様子(2021年5月)

センタラグランドホテル大阪 2021年5月 01
建設地の北西側から撮影
2本のタワークレーンによって建設が進む
センタラグランドホテル大阪 2021年5月 02
躯体の一部が姿を見せ始めた
センタラグランドホテル大阪 2021年5月 03
建設地の北側から撮影
右側がヤマダ電機 LABI1なんば
センタラグランドホテル大阪 2021年5月 04
建設地の北東側から撮影
(仮称)難波中二丁目開発計画 2021年5月
(仮称)難波中二丁目開発計画の全景
手前にB敷地とC敷地、奥側がA敷地
センタラグランドホテル大阪 2020年7月 05
現地の看板を撮影

物件概要

名称 センタラグランドホテル大阪
計画名:(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画
所在地 大阪市浪速区難波中二丁目20番2、21番1
用途 ホテル(515室)・店舗・駐車場
敷地面積 4,404.72㎡
建築面積 3,605.87㎡
延床面積 39,165.07㎡
容積率対象面積 35,2517.74
高さ 141.56m
階数 地上34階・塔屋1階
構造 鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
建築主 Centara Osaka 特定目的会社
設計者 大成建設株式会社一級建築士事務所
施工 大成建設株式会社 関西支店
着工 2020年(令和2年)4月1日
竣工予定 2023年(令和5年)3月31日

センタラグランドホテル大阪 建築計画のお知らせ

地図

建設予定地はパークス通りの敷津東1交差点から北東へ約100m。南海電鉄の大型商業施設、なんばパークスの南側に位置する。西側にはヤマダ電機LABI1 なんば、南側にクボタ本社ビルやなんば住宅博などがある。最寄り駅は南海なんば駅、および大阪メトロ各線の難波駅、近鉄・阪神 大阪難波駅、JR難波駅など。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました