スポンサーリンク

【京橋】2023年7月に開業したFULALI KYOBASHI (イオン京橋店跡地暫定利用施設)

イオンモールが大阪市都島区片町2丁目に建設したFULALI KYOBASHI(フラリキョウバシ)。2019年に閉店したイオン京橋店跡地の再開発が始動するまでの活用を想定した暫定利用施設で、飲食店舗ゾーンやイベント広場などで構成される敷地面積は約14,800㎡、2023年7月20日に開業した。

完成イメージ図

FULALI KYOBASHIは「Next Scene,Next to You」をコンセプトに、飲食ゾーンや様々なイベントが開催できる駅前広場を配置。将来の開発への期待感を醸成する「未来の光景」が感じられる場所を創造する。名称は「ふらりと立ち寄る場所」、「FULL(満たされる)」、「ALIVE(いきいきとした)」を意味したもの。

FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 完成イメージ図 01
FULALIKYOBASHI 全体イメージ図

屋台エリアには「淡路島バーガー」や沖縄「ブルーシールアイスクリーム」などを展開。2023年秋には屋根付きのフードホールも開業し、計20店舗が集う予定。

FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 完成イメージ図 04
屋台エリア イメージ図

移動販売ゾーンではショッピングモールとは異なる業態を支援する「PARADE MARKET」の実証実験を開始。イオンモールが移動販売車と出店場所の貸し出しを行う。

FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 完成イメージ図 03
移動販売ゾーン イメージ図

施設中央には様々なチャレンジを呼び込めるイベント広場を設置。芝生広場やライブステージを配置することで、京橋エリアに不足している憩いの場や発信拠点が誕生する。

FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 完成イメージ図 02
イベント広場 イメージ図

引用元:FULALI KYOBASHI

施設の様子(2023年7月撮影)

FULALIKYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 01
北側ゲートの様子
FULALIKYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 02
西側ゲートの様子
FULALIKYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 03
現地の案内板
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 06
屋台エリアの様子
座って飲食することができる
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 05
キッチンカーエリアの様子
バリエーション豊かな店舗が揃う
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 04
沢山のテーブルとベンチが用意されている
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 07
イベントエリアの様子
人工芝の緑色が爽やかな雰囲気を演出
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 08
イベントエリアのステージ
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 09
トイレの前には水遊びエリアを配置
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 10
運営本部の様子
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 11
施設の南側から撮影
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 12
JR京橋駅西口からの連絡通路
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 13
フードホールの建設場所
2023年秋頃のオープンを予定している
FULALI KYOBASHI フラリキョウバシ 2023年7月 14
施設の西側から撮影

物件概要

名称FULALI KYOBASHI (フラリキョウバシ)
計画名:京橋暫定利用 建設・設備工事
所在地大阪市都島区片町2丁目3-56
用途飲食施設・イベントスペース
敷地面積約14,800㎡
建築面積
延床面積
容積率対象面積
高さ
階数
構造
建築主イオンモール株式会社
設計者大和リース株式会社 大阪本店 一級建築士事務所
施工大和リース株式会社 大阪本店
着工2023年(令和5年)4月1日
開業2023年(令和年)7月20日

地図

アクセスはJR京橋駅および京阪京橋駅から徒歩すぐ。施設の開放時間は8時~23時。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました