スポンサーリンク

【難波】2021年5月に開業したホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル)

合同会社クロード(コスモス薬品関連会社)が大阪市中央区道頓堀1丁目の道頓堀角座跡地に建設したクロードビルホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀と商業施設からなる複合ビルで、規模は地上12階建て、高さ46.90m、延床面積7,766.76㎡、客室数180室、2020年11月に竣工、店舗は2021年4月、ホテルは2021年5月1日に開業した。

完成イメージ図

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 完成イメージ図
クロードビル(ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀) 完成イメージ図

引用元:大阪・ミナミに複合商業施設 に複合商業施設開発のお知らせ 【コスモス薬品】

商業部分は1階にドラッグコスモス道頓堀店、2階にくら寿司道頓堀店が入る。 くら寿司道頓堀店 は同社のグローバル旗艦店の第2号店で、世界的に活躍するクリエイティブディレクター、佐藤可士和氏が監修。「浪速の祭り」をコンセプトとしたジャパニーズモダンなデザインとなる。

3階~12階には福岡市のエフ・ジェイホテルズが運営するホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀が入る。ホテルフォルツァとしては大阪エリアで2店舗目、全国で10店舗目となる。客室は全室禁煙で、ダブル136室とトリプル44室の合計180室。内装は各所に関西にちなんだ絵を装飾。フロントカウンターの後ろには古地図風のイラストで道頓堀と大阪の名所などが描かれている。

建物外観 (2021年12月撮影)

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 01
建物北西側から撮影
店舗の入る低層部とホテルの入る高層部の2層構造
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 02
建物北側正面から撮影
ホテルはホワイトとグレーのシンプルなデザイン
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 03
建物北東側から撮影
賑やかな道頓堀の商店街に面している
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 04
大きな看板が道頓堀らしさをアピール
ドラッグコスモスは1階の半分のスペースで営業していた
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 05
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀のエントランス
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 06
建物北西側から撮影
裏通りは細街路となっている
ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 2021年12月 07
建物北東側から撮影
従業員用の駐輪場や入口がある

物件概要

名称クロードビル(ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀)
計画名:(仮称)中央区道頓堀1丁目プロジェクト
所在地大阪市中央区道頓堀1丁目4-22
用途ホテル(物品販売店、飲食店付)
敷地面積1,479.31㎡
建築面積1,105.46㎡
延床面積7,766.76㎡
容積率対象面積7,394.96㎡
高さ46.90m
階数地上12階
構造鉄骨造
建築主合同会社クロード
設計者大和ハウス工業株式会社 流通一級建築士事務所
施工大和ハウス工業株式会社
着工2019年(令和元年)8月20日
竣工2020年(令和2年)11月30日
ホテル開業2021年(令和3年)5月1日

ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀(クロードビル) 建築計画のお知らせ
クロードビル(ホテルフォルツァ大阪なんば道頓堀) 建築計画のお知らせ

地図

場所は大阪を代表する繁華街の道頓堀商店街沿いに位置する。敷地は道頓堀5座の一つだった「角座」の跡地で、1985年に閉館した後、再開と閉館を繰り返してきた。最寄り駅は大阪メトロ御堂筋線・千日前線・四つ橋線の難波駅、近鉄線・阪神線の大阪難波駅、大阪メトロ堺筋線・千日前線の日本橋駅で、14番出口から徒歩約6分、地下街の「なんばウォーク」B22出口から徒歩3分。

公式資料および関連サイトなど

宿泊予約

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました