スポンサーリンク

【栄】中日ビルの建設状況 2022年9月

中部日本ビルディングが名古屋市中区栄4丁目に建設中の中日ビル。共同事業者に中日新聞社、プロジェクトマネジメント支援に三菱地所が参画し、同地にあった旧中日ビルを、オフィス・ホテル・商業施設・ホールなどで構成される超高層複合ビルへと建て替える計画で、規模は地上33階建て、高さ158.877m、延床面積117,267㎡、2023年7月の竣工、2024年春の開業を予定している。

完成イメージ図

新ビルの低層部は旧中日ビルの外装エッセンスを踏襲したもの。セットバックされた中高層部は格子状フレームをまとったシンボリックな外観。低層部の屋上には久屋大通公園を一望できる屋上広場が整備される。

(仮称)中日ビル建替計画 完成イメージ図
中日ビル 完成イメージ図1
中日ビル 完成イメージ図 02
中日ビル 完成イメージ図2
中日ビル 屋上広場 完成イメージ図
屋上広場 完成イメージ図

引用元:(仮称)新中日ビル新築工事着工について【中部日本ビルディング】

フロア構成

フロア構成は、地下1階~地上3階に商業施設(物販・飲食フロア)、4階~5階に集客・来店型オフィス、6階に多目的ホール(約600席)・会議室、7階に屋上広場および飲食フロア、9階~22階に栄地区最大規模となるオフィスフロア(ワンフロア約2,300㎡、総面積約32,000㎡)、24階~32階にロイヤルパークホテルズの宿泊主体型ホテル(約250室)、地下3階~地下2階には駐車場が設置される。

中日ビル フロア構成図 02
中日ビル フロア構成図

現地の様子(2022年9月)

中日ビル 2022年9月 01
建設地の北西側から撮影
躯体工事は高層部へと差し掛かっている
中日ビル 2022年9月 02
建設地の南西側から撮影
格子状のフレームが際立つ外観デザイン
中日ビル 2022年9月 03
久屋大通沿い 建設地の南西側から撮影
低層部は旧中日ビルの雰囲気を残している
中日ビル 2022年9月 04
建設地の南側から撮影
段々にセットバックしている様子が分かる
中日ビル 2022年9月 05
建設地の南東側から撮影
北東側に栄サンシティビル(名古屋市中区役所)が建っている
中日ビル 2022年9月 06
建設地の東側から撮影
中日ビル 2022年9月 07
建設地の北側から撮影
北側低層部の外観はまだ姿を現していなかった
中日ビル 2022年9月 08
レイヤード ヒサヤオオドオリパークから撮影

物件概要

名称中日ビル
計画名:(仮称)中日ビル建替計画
所在地地名地番:名古屋市中区栄四丁目101番、105番3、106番、107番、108番、109番、110番及び111番
用途事務所・ホテル・店舗・駐車場
敷地面積6,862.35㎡
建築面積5,952.71㎡
延床面積117,267.00㎡
容積率対象面積
高さ158.877m
階数地上33階・地下5階
構造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建築主中部日本ビルディング株式会社
設計者株式会社竹中工務店 名古屋一級建築士事務所
施工株式会社竹中工務店 名古屋支店
着工2021年(令和3年)2月1日頃
竣工予定2023年(令和5年)7月31日

(仮称)中日ビル建替計画 建築計画のお知らせ
(仮称)中日ビル建替計画 建築計画のお知らせ

地図

建設場所は久屋大通と広小路通が交差する広小路久屋東交差点の南東角。周辺は名古屋を代表する栄地区の繁華街で、西側に久屋大通公園、北側にオアシス21がある。最寄り駅は各線の栄駅で、12番出口または13番出口から徒歩すぐ。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました