スポンサーリンク

【難波】関西高速鉄道 なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月

大阪府、大阪市、JR西日本などが出資して設立された第三セクターの関西高速鉄道が、大阪市内を南北に縦断する地下ルートに建設中のなにわ筋線。既存のJR線および南海線を介して新大阪・梅田・難波・天王寺の主要ターミナルと関西国際空港を直結する路線で、2031年春の開通を予定している。

路線図

なにわ筋線 路線図
なにわ筋線 路線図

引用元:関西高速鉄道株式会社│なにわ筋線

なにわ筋線は2023年春に開業が予定されているうめきた(大阪)地下駅(JR大阪駅と同一駅)と、JR難波駅および南海本線の新今宮駅を結ぶ鉄道路線で、途中駅には(仮称)中之島駅(仮称)西本町駅(仮称)南海新難波駅の3駅を整備する計画。

(仮称)南海新難波駅 位置図

なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 地図
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 位置図
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 断面図
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 断面図

(仮称)南海新難波駅は御堂筋、四つ橋筋、千日前通に囲まれたエリアの中間あたりに建設される新駅で、既存の南海難波駅からは北西へ約200~300mほど離れた場所となる。計画では上下線に分かれた地下6階の駅構造物が、阪神高速1号環状線の高架の東西を挟むように建設される。最深部は大深度地下と呼ばれる約50mとなる。

現地の様子(2022年3月)

なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 01
(仮称)南海新難波駅の建設予定地
写真右奥側が南海難波駅方面
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 02
阪神高速西側の様子
道路部分の地下に北行ホームが建設される
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 03
阪神高速の高架下
大阪シティバスのなんばバスターミナルがある
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 04
阪神高速東側の様子
右側のビルの下あたりに南行きホームが建設される
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 05
なんばバスターミナルの様子
お世辞にも綺麗とは言えない状況
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 06
高架に沿って多数の飲食店が建ち並ぶ
なにわ筋線 (仮称)南海新難波駅 2022年3月 07
解体が進むなんばウォーク立体駐車場
この真下が南海新難波駅の上下線分岐点となる

工事概要

名称 なにわ筋線
区間 共同営業区間 (仮称)北梅田~(仮称)西本町
JR営業区間 (仮称)西本町~JR難波
南海営業区間 (仮称)西本町~新今宮(南海)
設置駅 (仮称)中之島駅、(仮称)西本町駅、(仮称)南海新難波駅
建設延長 複線 約7.2km(地下6.5km、堀割・盛土0.3km、高架0.4km)
規格 軌間 1,067mm
直流 1,500V
設計最高速度 110km/h
総事業費 約3,300億円
整備手法 償還型上下分離方式
整備主体 関西高速鉄道株式会社(第三種鉄道事業者)
運行主体 西日本旅客鉄道株式会社・南海電気鉄道株式会社(第二種鉄道事業者)
輸送需要 約24万人/日
開業目標 2031年春(予定)

なにわ筋線 (仮称)中之島駅 2022年1月 10
工事のお知らせ

公式資料および関連サイトなど

タイトルとURLをコピーしました