スポンサーリンク

【梅田】建替え計画が発表された大阪マルビル(大阪第一ホテル)

大阪マルビルと運営元の大和ハウス工業は大阪市北区梅田1丁目の複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を発表した。大阪マルビルは1976年に竣工した円柱型の形状が特徴的な高層ビルで、長らく梅田のランドマークとして親しまれてきたが、設備の老朽化に伴い周辺施設との競争力低下が懸念されていた。建替えは2023年夏に工事着手し、2030年春の完成を目指す。

建替えの基本構想

今回の建て替え計画では、現状の地上30階建て、高さ約123mの建物から更に高層化する予定で、多目的に利用できる大型ホールや、高機能オフィスの設置など、賑わい創出の場、文化交流の場としての役割を果たせるよう進化させるとしている。また2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)期間中はバスターミナルとして敷地を貸し出し、仮設の待合スペースを設置するとともに、乗車場、待機場などを設け、全国各地から来場する人々の安全・快適な移動を支援する。

現地の様子(2022年9月)

大阪マルビル 2022年9月 01
大阪マルビルを北側から撮影
大阪ダイヤモンド地区の中心に位置する
大阪マルビル 2022年9月 02
大阪マルビルを北側から見上げる
建物の低層部は壁面緑化が行われている
大阪マルビル 2022年9月 03
公開空地の緑のテラス
大都会の中の憩いの場となっている
大阪マルビル 2022年9月 04
緑のテラスの説明板
安藤忠雄氏が監修している
大阪マルビル 2022年9月 05
大阪マルビルを西側から撮影
円筒部の直径は約30m
大阪マルビル 2022年9月 07
大阪マルビルを南東側から撮影
敷地をフル活用すればさらなる高層化が実現しそうだ
大阪マルビル 2022年9月 08
低層部には飲食店など35店舗が入居している
大阪マルビル 2022年9月 09
大阪第一ホテルのエントランス
大阪マルビル 2022年9月 10
大阪第一ホテル内のパネル
大阪マルビルの歴史を振り返ることができる
大阪マルビル 2022年9月 11
大阪マルビルの全景
屋上の電光掲示板が時刻と気温を伝える

物件概要(既存の建物)

名称大阪マルビル
所在地大阪市北区梅田1丁目9-20
用途ホテル(480室)・店舗(35店舗)
敷地面積3,244.62㎡
建築面積2,546㎡
延床面積41,069.4㎡
容積率対象面積
高さ123.92m (軒高112.21m)
階数地上30階・地下4階・塔屋3階
構造鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主吉豊産業株式会社
設計者フジタ工業株式会社(現株式会社フジタ)
施工フジタ工業株式会社(現株式会社フジタ)
着工1973年(昭和48年)10月
竣工1976年(昭和51年)3月

地図

場所はJR大阪駅の南側、いわゆる大阪ダイヤモンド地区の中心に位置する。周辺にはヒルトン大阪や阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)、大阪駅前第1~第4ビルなどの大型ビルが建ち並ぶ。

公式資料および関連サイトなど

宿泊予約

タイトルとURLをコピーしました