スポンサーリンク

【梅田】うめきた2期地区開発事業 南街区の建設状況 2022年9月

三菱地所・大阪ガス都市開発・オリックス不動産・関電不動産開発・積水ハウス・竹中工務店・阪急電鉄・三菱地所レジデンス・うめきた開発特定目的会社(大林組SPC)の9社が、大阪市北区大深町の旧梅田貨物駅跡地(大阪駅北地区)に建設中の(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区。2024年夏頃の先行まちびらき、2027年度の全体開業を予定している。

施設構成

開発は敷地全体(約91,150㎡)を南街区と北街区に分けて行う。南街区にはMICE施設、オフィス、商業、ホテル(スーパラグジュアリーホテルおよびアップスケールホテル)、都市型スパからなる南街区賃貸棟(西棟・東棟)と南街区分譲棟、北街区には中核機能、オフィス、商業、ライフスタイルホテルからなる北街区賃貸棟および北街区分譲棟を建設。中央部に約45,000㎡の(仮称)うめきた公園を設け、南側にリフレクション広場、北側にうめきたの森を整備する計画。

うめきた2期地区開発事業 プロジェクト配置図
うめきた2期地区開発事業 プロジェクト配置図
うめきた2期地区開発事業 ホテル配置図
うめきた2期地区開発事業 ホテル配置図

うめきた2期地区への導線は、JR大阪駅ノースゲートビルディング、グランフロント大阪北館、新駅ビル、新梅田シティからのデッキ接続、うめきた広場からの地下接続となる。北街区と南街区の間は都市計画道路が通り、両サイドにステッププラザと呼ばれる歩行者空間を整備。その上を2階レベルでひらめきの道が通る。

うめきた2期地区開発事業 位置図
うめきた2期地区開発事業 エリア狭域図

引用元:うめきた2期地区開発プロジェクト

全体の完成イメージ図

うめきた2期のコンセプトは「“Osaka MIDORI LIFE”の創造」。これまでの都市づくりのパラダイムを超え、多様性を受け入れて知恵を分かち合い、それぞれの“Quality of Life(QOL)”の向上を感じられる社会の構築に貢献。そのために「みどり」と融合した生命力あふれる都市空間や、イノベーション活動の拠点、様々な人が新しい活動にチャレンジできる仕組みをつくり、活力に満ちた創造的なライフモデル”Osaka MIDORI LIFE“をうめきたから関西、そして国内外へと発信する。

うめきた2期地区開発事業 全体 完成イメージ図
うめきた2期地区開発事業の全体イメージ
(仮称)うめきた公園を挟んで左側が南街区、右側が北街区

引用元:うめきた2期地区開発プロジェクト

南街区の完成イメージ図

建物の規模は南街区賃貸棟が地上39階建て、高さ181.50m、延床面積317,249.30㎡、南街区分譲棟が地上51階建て、高さ約185m、延床面積約93,000㎡、総戸数約600戸となる。

うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 完成イメージ図
南街区賃貸棟の完成イメージ図
建築上は1棟扱いだが複数のビルが低層部を共有する構造
うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 商業施設 完成イメージ図
南街区賃貸棟 低層部の完成イメージ図
多層構造の商業施設となる

南街区賃貸棟・西棟の2階および28階~38階に位置するスーパーラグジュアリーホテル(SLホテル)には関西初となるヒルトン系の最高級ホテルの「ウォルドーフ・アストリア大阪」が進出。50㎡を中心とした252室の客室のほか、ラウンジ&バー「ピーコック・アレー」や、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室などを設置する。

うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 ウォルドーフ・アストリア大阪 完成イメージ図
南街区賃貸棟 スーパーラグジュアリーホテル
ウォルドーフ・アストリア大阪 完成イメージ図

南街区賃貸棟・東棟の5階~28階には阪急阪神ホテルズが運営するアップスケールホテル(USホテル)が進出。客室は23㎡を中心とする482室で、レストラン、バー、フィットネスを設置する。

うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 USホテル 完成イメージ図
南街区賃貸棟 アップスケールホテル 完成イメージ図
うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 都市型スパ 完成イメージ図 01
都市型スパの屋外プール 完成イメージ図
うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 都市型スパ 完成イメージ図 02
都市型スパの屋内プール 完成イメージ図

引用元:うめきた2期地区開発プロジェクト

現地の様子(2022年9月)

うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 01
建設地の東側から撮影
5機のタワークレーンで西棟の工事が進行している
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 02
建設地の南東側から撮影
巨大な低層部の躯体が姿を見せ始めた
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 03
建設地の南側から撮影
西棟の形状やボリューム感が分かる
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 12
東棟の建設地を俯瞰
基礎工事が進行しているようだ
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 05
分譲棟の建設予定地を俯瞰
現在は現場事務所が建っている
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 04
建設地の南西側から撮影
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 06
うめきた2期地区の南西端を撮影
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 07
建設地の西側から撮影
横幅の広い巨大な鉄骨が大迫力
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 08
建設地の北西側から撮影
手前側のJR東海道線支線は地下化される
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 09
グランフロント大阪北館から南街区を撮影
手前側がリフレクション広場となる
うめきた2期地区開発事業 南街区 2022年9月 10
グランフロント大阪北館から南街区賃貸棟を撮影
取材時点で高さ50m程度には達していた

物件概要

名称 (仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地 大阪市北区大深町1番39の一部、19番13の一部、19番7の一部
(大阪都市計画事業大阪駅北大深西地区土地区画整理事業区域内9街区①-1、③-2)
用途 事務所・ホテル・商業施設等
敷地面積 25,262.07㎡
建築面積 17,586.72㎡
延床面積 317,249.30㎡
容積率対象面積 277,882.77㎡
高さ 181.50m
階数 地上39階・地下3階
構造 S造 (一部RC造・SRC造)
建築主 三菱地所株式会社、大阪ガス都市開発株式会社、オリックス不動産株式会社、関電不動産開発株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、阪急電鉄株式会社、うめきた開発特定目的会社
設計者 株式会社三菱地所設計関西支店一級建築士事務所
施工 うめきた2期共同企業体 (株式会社竹中工務店・株式会社大林組)
着工 2020年(令和2年)12月上旬
竣工予定 2024年(令和6年)11月下旬

うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ
南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ
うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 立面図
南街区賃貸棟 立面図
うめきた2期地区開発事業 計画諸元 02
うめきた2期地区開発事業 計画諸元

地図

建設場所はJR大阪駅の北西側に位置する旧梅田貨物駅跡地。JR大阪駅を初め7駅13路線が集結する関西最大の巨大ターミナルに位置する。2023年には開発敷地内にJR大阪駅と改札内で接続する「うめきた(大阪)駅」が開業予定。将来的には中之島、難波、天王寺、関西空港方面を結ぶ「なにわ筋線」の開業も予定されており、関西全域の広域アクセスが飛躍的に向上すると見込まれている。

公式資料および関連サイトなど

過去の取材記事リスト

タイトルとURLをコピーしました